相手は自分を映す鏡〜相克の話〜

もしもあなたに苦手な人(嫌いな人)がいるなら、その人は感謝すべき相手なのかもしれません。

なぜなら、その人は今の自分が乗り越えるべきテーマを教えてくれているかもしれないから。

 

例えば昨日の僕がそんな体験をしました。

昨日はとある集まりで絶品焼き鳥を食べに行ってきたんです。

 

僕も足繁く通い続けている本当に「日本一と言っていいのではないか?」と思えるほど美味しい焼き鳥屋さんです。

みんなで席を囲んで絶品焼き鳥を食べていると・・・。

 

やっぱり盛り上げ役的な役回りの人がいて、場を楽しませてくれるわけです。

 

ただ、昨日の場合はちょっと違って
「俺って面白いでしょ〜?」
「どうですか〜?」

みたいな感じの人だったので、正直僕は「この人といると疲れるな〜。」と思ってました。

 

ガンガン喋りまくるから、せっかくの焼き鳥を味わう余裕もない。

結構もう白けてる人もいたりして。

 

相克の関係の人登場ですね。

 

 

でも、その時思ったんです。

(あれ?もしかして僕はこの人と同じ事をしてきた(している)かもしれない。)と。

 

と言うのも、盛り上げ役が他にいなかったら、実は僕がその役回りになる事が多いんですね。

 

もしこの場にこの人がいなかったら、僕がこの役回りをしてこの場の何名かを白けさせていたのかも。
ゆっくり料理を味わいたいんだけど、と思わせていたかも。

 

 

そう思ったらこの人は僕の鏡で、僕の悪い面を映してくれてる有難い人だと気がつきました。

 

神様がいるなら、
「あなたはこの人と同じ悪い面があるから、気がついて直しましょうね〜。」
って言われているような。

 

もしもこの人がいなかったら、昨日の時点で僕は自分の悪い面に気がつけなかった。

 

でも、この人がいたお陰で修正ポイントに気がつき、直していく事ができる。

 

(この人嫌だな〜。)と思ってもそこで終わらず、
「この人は自分の悪い面を教えてくれてる鏡なんだ。」と感謝していけたら、
精神性を洗練させていく事が出来ますね^^

 

お互い日々精神性を向上させていきましょう。

 

大好きな人たちとのお付き合いをしていきながら、出てきてしまった相克の相手に感謝、と言うスタンスで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です