中途半端な人はもったいない

全ての「中途半端」と言われる人、それぞれの中にどれほどの才能が埋もれているかと考えると、もったいない気持ちでいっぱいになる。

全ての「自分を中途半端な人間だと思っている人」には、世界に貢献できる能力がある。

 

その能力が日の目を見ないままに人生を終わらせていく事に歯がゆい気持ちを覚えます。

 

誰がなんと言おうと、全ての人にはなんらかの才能がある。

そしてその才能で今の世界をより良くしていく事ができる。

 

今、この文章を読んでくれているあなたにも、生まれ持った才能が、確実にある。

 

 

それにも関わらず、あなたはその才能に気づいていないかもしれない。
それってもったいないですよね。

 

 

自分の才能を開花させるためには、実は才能に気づいているかいないかは関係ない。

 

あなたの才能を開花させるためには、2つのコツさえ押さえればいい。

 

 

その2つのコツとは【目の前にある事を一生懸命やる事】。
そして、【楽しくて正しい選択をする事】です。

 

特に2つ目の方がわかりにくいと思いますので、少し補足させてください。

 

楽しくて正しいと聞くと、「じゃあ自分の好き勝手やっていいんですか?」という方がいます。
でもこれは誤解です。

 

僕は以前サラリーマンをやっていました。
始めの数年は楽しくてしょうがなかったんですが、いつの日かつまらなくなってしまったんです。

 

もちろん仕事中は一生懸命やってましたけど(^^;;

 

 

「早く仕事終わらないかな〜・・・。」
なんて毎日を続けていました。

 

だけど帰るわけにはいかないですよね(^_^;)
「早く帰って遊びたいな〜。」とか思って帰ったとしたら確かに「楽しい」。

 

 

でも、「正しい」って事はない。
楽しいけど正しくない状態です。

 

これはNG。

仕事がなくなります。
つまり、収入がなくなります。

 

そうすると大変です(-。-;

 

 

僕がとった選択は
「目の前の仕事はしっかりやる。」

 

で、「なぜ仕事がつまらないのか?」を自分に問いました。

 

すると返ってきた答えは、
「いくら頑張ってもお給料が変らないから。」という事でした。

 

 

ここで考えます。
「楽しくて正しい選択は何か?」

 

答えはほとんど見えていて、仕事を続けながら収入が増える方向に行けばいいわけですよね。

 

そこでまた考えます。

「仕事を続けながら収入を上げる方法は?」と。

 

 

そんな問答を続けていると、「楽しくて正しい選択肢」が見えてきますよ^^

 

これはつまり、自分が心から求めている(その時点で)選択になるのです。
なので、その方向に向かっていく。

 

すると、上手くいったりいかなかったりしするわけですが、全体の方向としては才能を開花させる方向に進みます。

 

なぜなら、その方向はあなたの【邪】ではない心が出した答えだからです。

 

 

この話がよくわからなければ

  • 目の前の事を一生懸命やる
  • 楽しくて正しい方向へ進む

この2つだけ押さえておいていただければと思います。

 

あなたの才能は花開く日を今か今かと待ち望んでいますよ^^

 

 

頑張りすぎない。諦めない。もご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です