トレンドと資産型どっちがいいの?

真冬に出会った好青年。

 

家業を継ぎながらも副業としてネットビジネスをやってたんですね。

 

で、何やってるのか聞いてみたんです。

 

 

僕「何やってるの?」

 

好青年「トレンドブログやってるんすよ。」

 

僕「へ〜。いつから?」

好青年「1年半くらい前からっす。」

 

 

僕「1年半?じゃあ結構稼げてる感じ?」

好青年「いや〜・・まだそんなに稼げてないです。5万とか10万とか。」

 

僕「そうなんだ。そんなにやっても稼げないの?」

 

 

好青年「行くときは行くんすけどね。バラバラっすね。」

 

僕「結構記事書いてるの?」

 

好青年「もう500記事くらい書いてますよ。」

 

 

僕「へ〜。500記事書いて月5万とか10万とかかぁ。楽しい?」

 

好青年「あんまりっすね(-。-;思ったほど稼げないんで、別のことしようかと・・。」

 

 

 

よくある感じの話ですね。

でも5万とか10万て上手くいった方だと思います。

 

トレンドブログがいいのか資産型ブログがいいのか?って一概には言えないんです。

 

これまでお伝えしてきたようにトレンドはトレンドの良さ、資産型は資産型の良さがあるから。

よくわからなければこちらを読んでください。

 

 

 

簡単におさらいすると

  • トレンドの良さ:始めたばかりのブログでもアクセスを集めやすい
  • 資産型の良さ:時間はかかるが半自動で報酬を上げ続けてくれる

ですね。

 

 

ちなみに僕は経済的豊かさと共に時間にもゆとりが欲しいので資産型ブログをやってます。

 

トレンドだと一時的にアクセスが集まりはしますが、結局その時報酬が上がって終わり。

 

去年の夏の甲子園の記事が爆発しても、今年の夏の甲子園の時にはアクセスは集まらないのです。

去年あんなに一所懸命書いたのにまた書かないと・・。

 

僕はこれ結構嫌なんですね(^^;;

 

書ける人はいいと思いますよ、トレンド。

 

あとネットビジネス初めてサクサク実績を上げたい方とかもいいと思います。

ブログ開始2ヶ月で10万円!とか言えますから。

 

 

ただ、時間にゆとりは生まれません。

 

これは僕の目指すライフスタイルではないし、僕の仲間にもそうなって欲しくはないなと思ってます。

 

みんなで行きたいところは、時間にもお金にも心にもゆとりがある生活を実現して、自分が本当にやりたいと思うことして生きる人生です。

 

 

子育てに時間を使いたい方は子育てを心いくまで楽しむ。

ブラックバスを釣っていたい方は毎日心ゆくまでバス釣りを楽しむ。

 

なので「トレンドブログと資産型ブログどっちがいいですか?」と聞かれた時、僕はいつもこう言ってます。

 

【資産型ブログ書けば生きたい人生を生きれるよ。】と。

 

 

ただ、トレンドも捨てたもんじゃない。

これも使いようなんです。

 

次回トレンドの上手な使い方をお教えしますね^^

 

 

Amazonベストセラー
1位獲得記念!
電子書籍無料プレゼント中!
 
お金がないなら仕事に行くな
1500円→0円
(期間限定)
【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】
1.結果を出せる人、出せない人の見分け方2.一気に成長する方法3.成功し、成功し続ける方法他にも

・僕がたった109日で、1日11.431アクセスのブログを作れた理由

・たった100記事の趣味ブログで、月間30万アクセスを超える方法

・「本当にやりたい事」にエネルギーを注げる人生の創り方

・実店舗にお客を呼び込む方法

・あなたにファンを付ける魅力的な文章術

・時間労働から解放されて、ネット上に資産を築く簡単な方法

・・・などなど。

 

しんいち
ここでしか公開していない、圧倒的なノウハウと思考法を、メール講座でお伝えしていきます。

 

このブログで公開してるのは、
ほんの一部に過ぎません。

 

また、上記のプレゼントは人数限定での配布ですので、
規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

 

ですので、今すぐメール講座に登録して、
プレゼントを手に入れて下さい!

 

下記のフォームに

・お名前(苗字のみ)

・メールアドレス(プレゼントの送り先)

を入力後、「確認する」ボタンをクリックすると、すぐに返信メールが届きます。

 

超オウンドメディア集客の秘密

お名前  
メールアドレス


※万が一、5分経っても返信が来ない場合は、迷惑メールを確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください