神話の法則とハリウッド版ゴジラ

こんにちは。先日ゴジラを見てきました。

 

※ネタバレ注意

 

 

そのまんま神話の法則通りでした。

 

導入は大地震が来て原発がトラブルを起こす。

(主人公はまだ子供。)

 

この事故で原発で働く母を亡くす。

(主人公と、主人公の父への同情が芽生えます。)

 

⇒成長した主人公(アメリカ在住米兵)の日常のシーンへ

 

⇒父が捕まったから日本へ来いと電話がある

 

⇒父の家へ。変人の父喧嘩。父に立ち入り禁止区域への侵入に誘われる。(冒険への誘い)

もちろん拒否。

しかし父があまりに本気なのでについていく事にする。(賢者との出会い)

 

⇒第一関門突破

立ち入り禁止区域で捕まる。

とある施設に連行される。

怪獣(ムートー)が暴れだす。

命からがら助かる。

⇒この研究チームと行動を共にする。(仲間ができる)

 

⇒第一関門のときの怪我で父が死亡

 

⇒ハワイへ。ここで米軍の怪獣対策チームに参加。(仲間)

 

⇒最も危険な地帯への接近

(ムートーにかなり接近するがチームがやられただけで何も出来ず、原爆だけとられる)

 

⇒家族の待つアメリカ本土へ

 

⇒色々イベントがあり、最終決戦。(最大の試練)

 

⇒戦うのはゴジラ。(ゴジラにとっても最大の試練)

主人公は原爆のスイッチを止める為に奔走。

 

⇒ムートーの卵を焼き払う。原爆を奪い逃げる。

 

⇒ムートーに見つかり絶体絶命のピンチ。

(ゴジラに救われる)

 

⇒なぜか主人公が力つきる(帰路)

 

⇒仲間に救われる

 

⇒ゴジラがムートーに勝利

 

⇒家族を捜しに避難所へ(復活)

 

⇒家族と再会(宝をゲット)

 

 

ざっとこのような形ですが・・

 

人間とゴジラのW主演のような形なので

それぞれにストーリーがあります。

 

ゴジラのストーリーの方はあえて書かないので

一度見てみて下さい。

 

わかりやすいです。

 

 

みたらどこが「冒険への誘い」でどこが「第一関門突破で」など

コメント下さい。

 

答え合わせしましょう。

 

では、今日はこの辺りにします。

 

次回もお楽しみに。

現在僕は

・有名店のインターネット集客

・武術の元世界チャンピオンのプロデュース

・巨大オウンドメディア構築

等の事業を行っています。

 

元々何者でもない普通のサラリーマンだった僕が今の状況になるのにそれほど時間はかかりませんでした。

 

ポイントは

・一点集中

・流れに乗る

・あと一歩の努力

だけです。

 

誰でも出来る、これらたった3つのポイントさえ押さえれば短期間で目の前の現実を変えることが出来ます。

 

誰でも自分の理想とする人生を実現することが出来るんです。

 

これについて具体的な方法を山村さんから質問いただいたので、シェアしますね!

 

こちらの記事を御覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です