なぜ儲けなきゃならないのか?

今日、イギリスのロンドン港には毎日たくさんの船が来航します。

そんなロンドン港に先日あるコンテナが運ばれてきました。

発送元は東南アジア。

 

中に入っていたのは・・・

 

大量の人、人、人。

 

現在、人身売買の可能性で当局が調査中です。

 

 

このニュースを聞いて、何を思いますか?

 

かわいそうだな。自分がさらわれなくてよかった。こんな事もあるんだな。

そのような感じでしょうか?

 

人身売買は日本にいたらあまり実感が湧きませんが、東南アジアや中東、アフリカでは頻繁に起きているようです。

なぜこんな事が起きるのでしょうか?

 

色々理由はあるでしょうが、起きている地域を見ると理由の一つに貧しいという事が上げられると思います。

 

 

言い換えるなら『仕事が無い』

 

仕事が無い⇒貧しい⇒犯罪に手を染める

 

 

この流れを見ると貧困地域と日本でも構図は同じです。

 

日本でも貧しい人ほど犯罪に手を染めやすい傾向にあるのは

想像に難しくないと思います。

 

今後日本では富裕層と貧困そうの2極化が進むと言われています。

 

近い将来年収200万円以下の人が大量に出て来る。

 

これで税金を考慮すると使えるお金はほんのわずかです。

 

月10万円前後でしょか。

 

10万円から家賃を支払い食事をして電気代を払い・・・

 

ちょっと家族は養っていけそうにありませんね。

 

そうなれば、先ほどの構図どおり犯罪に手を染める人が増えても不思議ではありません。

 

さすがに人身売買は効率を考えてもあまり増えるとは思えませんが、

薬物や強盗、売春などかなり増えると思われます。

 

これはなんとか食い止めたい所です。

 

しかし、最も重要なのは『自分がそうならない事』ではないでしょうか?

 

出来れば周りも救ってあげたいけれど、まずは自分が稼ぐ力を付けて貧しくならないこと。

 

生きる為にはお金が必要です。

 

幸せになる為には生活費が必要です。

娯楽費があれば尚嬉しいですよね?

 

僕はお陰さまで今の仕事がなくなったとしても明日からまた新たにビジネスを起こす自信があります。

それは今までの経験と知識が身に付いているからです。

 

あなたは今の仕事が明日無くなってしまったとしたら、大切な人を守り続けていけますか?

ひもじい思いをさせずに生活させてあげられますか?

 

もしも自信を持ってYESを言えないのであれば、

本当の稼ぐ力を付けて下さい。

 

時間とお金を頭や経験に投資してください。

 

 

 

赤ちゃん連れ去る瞬間、防犯カメラに 中国

日テレNEWS24

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください