レベルが同じでも収入に差が出るのはなぜ?

マインドセット

今回は、同じようなスキルなのに、どうして収入に差が出るのか?ということをお伝えしたいと思います。

 

 

音声はこちらです。

 

 

日々、ビジネスをやっていると、自分と同じような能力なのにもかかわらず、収入が何倍もある人っているじゃないですか。

 

 

これ、なんでか?という話ですね。

 

 

例えば、医者でも、(医者)同じ小児科医でも、収入が違ったりするんですよ。

 

 

同じ年齢の、同じ小児科医で、同じような仕事を日々やっているにもかかわらず、収入が、年収が何百万円も違うっていうことがあるんですね。

 

需要と供給の見極めが大事

だいたい、あれですよね。どういう時かっていうと、過疎地に行った時とかは、収入は上がります。

でも、需要が多くても供給量が多いような地域に行った場合は、収入は下がりますね。

 

 

だから、この需要と供給のバランスで、収入というのは、だいぶ変わってくるという傾向がありますので、ここ押さえておくといいと思います。

 

 

例えば、僕が、最近コンサルとかよくやっているんですけど、(例えばですよ)実店舗コンサルでですね、

(実店舗コンサルで)ウェブマーケティングとか教えると、あんまりやっている人いないから、稼げたりするんですよね。

 

 

でも、ウェブマーケティングでも、ウェブ業界でウェブマーケティングのことを教えても、けっこうライバルいっぱいいるわけなんで、供給量が多いんですよ。つまり。

 

 

そうすると、安くなっていくのは当然の話じゃないですか。

 

 

 

だから、常に自分が持っているスキルをどのようにしたら高く売れるか、どこがブルーオーシャンかっていうのを考えてですね、動いてみてください。

 

 

そうしたら、いろんなアイデアがわいてきますよね。

司法書士に対して集客コンサルするとか。いろいろあるじゃないですか。

 

 

そのへんも踏まえてですね、ブログやるなり、メルマガやるなり、コンサルやるなり、やっていくと新しい世界が見えてくると思います。

収入も上がってきますんでね。

 

 

ぜひ、考えてみてください。

 

 

関連記事一覧