記事の感情エネルギーを上げる

今回は、記事のエネルギーをあげるという話をしたいと思います。

 

今回の音声はこちら

 

いきなりエネルギーをあげるとか言い出すと、よく分からないと思うんですが、いろいろあります、エネルギーは。

記事だったら、情報エネルギーですよね、要は。

 

それから忘れちゃいけないのが、感情エネルギーなんですよ。

 

 

感情エネルギーについて、これからお伝えしていきます。

これはすぐできて、効果的なので、ぜひ実践してください。

 

 

感情エネルギーをあげるってどういうことかというと、僕はいろいろ日々ですね、いろんな方の記事を見させていただくなかで、そのライターさんが楽しんでその記事を書いてるのか、とりあえずやっておこうみたいな感じで書いてるのか、読者さんに対して愛情を持って書いているのかとか、そういうことって伝わってくるんですね。

 

 

これは意識しているにしろ、無意識にしろ、ほとんどというか、全員が受け取っている部分です。

 

つまり、その記事を書いている感情というのを、読者さんは受け取っているんですね。

 

だから自分が記事を書く時に、良い感情を持ったまま、記事を書き始めてみてください。

 

 

そうすると、記事の感情エネルギーが高まって、読者さんが受け取るエネルギー量が高まるわけなので、良い記事になりますよ。

 

もちろん読み込まれますからそういう記事は。

上位表示されるようになりますし、コメントもつきやすくなります。

 

 

では、そのためにどうしたらいいかってことなんですけど、記事を書く前に精神状態を整えるということですね。

 

「この記事が読者さんの役に立ちますように」っていう、「私がこれから書くこの記事が読者さんにとって、価値のあるものになりますように」という気持ちで、気持ちを整えてください、まず。

 

ひいては世界が、あなたの書く記事が価値のあるもののはずなので、その価値が世界に対しての価値になるわけですよね。

 

世界の総価値量が、記事を書いた分だけ上がるわけじゃないですか。

だから世界に対しても、「私の書いた記事が世界の価値を上げることに貢献できますように」と、そういう気持ちをセットしてから書き始めてください。

 

 

たった1分とかでできますから。

 

そうすると、記事の感情価値が高まって、エネルギーが高まる。

だから、「あなたの受け取るエネルギーももちろん上がってきますよ」という話です。

 

 

特に、インターネットの場合はレバレッジが効きやすいので、そのまま報酬額にも直結しますし、ぜひですね、記事を書き始める前に、人のために書くという気持ちでやってみてください。

 

楽しんでやってみてください。

 

それだけでOKです。

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください