Facebookページとオウンドメディアの連携3つの要点

集客のためにFacebookページを作るべきかどうか?

今回は山村さんのそんな質問にお答えしました。

山村
「集客するにはFacebook!

「オウンドメディアと連携させよう!」

とよく言われますが、闇雲にやってもダメな気がします。

具体的にはどうしたら上手く活用できるのでしょうか?

 

音声はこちら。

※字幕つきでご覧ください。
※一部聞きにくいかもしれませんがご了承下さい。

Facebookページとオウンドメディアの連携のコツ

しんいち
Facebookページについてね。

 

山村
Facebookページが作りたいんですけど、作ったらどんなメリットがあるのかとか、作り方も最初から教えてほしいなと思います。

 

しんいち
やだ。
作り方はググってください。
山村
ググったんですよ。
しんいち
じゃあわかるじゃん。

まあいいや、それで、Facebookページのメリットの前に、なぜFacebookを作りたいのかというところから説明した方がいいと思うよ。

マーケティングは大きく分けて2種類あるのだけど

  • プッシュ型のマーケティング
  • プル型のマーケティング

 

というのがあるのね。

 

プッシュというのは押すという意味でしょ、プルは引くでしょ、だからプッシュはこちらから積極的に何かを伝えるということね。

プルというのは、待ちの姿勢。

 

お店で言ったら、餃子の王将って待ちのマーケティングでしょ?

お店があって、お客さんが待ってるわけでしょ。

 

餃子の王将が例えばDMとかで餃子無料券とかを配ったのだったら、それはプッシュ型ということ。

 

わかるかな違いは?

Facebookページを使うメリット

しんいち
今からめぐちゃんが自分のメディアを作ってお客さんを引っ張ってくる予定なんだけど、

その場合SEOでメディアを上位表示させたりして
そこからお客さんを引っ張ってくるということは今やろうとしていることね。

 

なんだけど、これもったいないところが一つあって、
せっかくめぐちゃんのサイトに来てもそのままどこかいっちゃう人って多いでしょ。

 

一日一万人くるとしても一万人だいたいどこか行っちゃうわけよ。

どこか行っちゃうというか、用事がなかったら見ないからね。

 

ということはその場限りのお付き合いになってしまっておしまいという話ね。

 

これはプルの姿勢ね。

ただ待っているだけという姿勢。

 

これでも十分集客はできると思うんだけど、
できればせっかく興味があってめぐちゃんのサイトに来た人だから、属性はあっている可能性が高いんだよね。

 

タイミングがあってないから今申し込みとかしていないだけで、
タイミングさえあったりしっかり情報を伝えられたらお客さんになる可能性が結構あるわけじゃんか。

だからそういう人といつでも連絡とれるようにしておきたいわけ。

 

そのためにどうしたらいいのかっていうと、
例えばメルマガ登録してもらうとか、LINEに登録してもらうとか、Facebookページ登録してもらうとか、いろんなやり方があるわけ。

 

メルマガでもいいんだけど、
メルマガやっていくつもりだけどこれから、
ダイエットとかはちょっとお金かかるしまだ初めてだから、それはいいよ。

 

今すぐできることとしてFacebookが有効だという話。

しんいち
ここまでいい?

 

しんいち
めぐちゃんのサイトに来ました、Facebookも見にきました、いいね押します、とかそういう話ね。

友達申請します、とか。

そうするとこちらから流した情報を相手に伝えることができるわけです、そのタイミングでね。

 

Facebookの問題というのが一つあって、それは何かというと個人情報を知られるということね。

個人情報登録している場合は、個人情報を知られちゃうというやつ。

 

だからプライベートの情報を知られたくなかったらFacebookとは別にFacebookページというものにしておく必要がある。

似てるけどFacebookページとFacebookはちょっと違うのね。

Facebookページと個人のFacebookの違いについて

山村
今実際使ってるプライベートなページからFacebookページを作るというところに飛ぶのではなくて、新たにアカウントを作るの?
しんいち
アカウントは作らない、誰がやってるかわからないって。
山村
それが例えば今自分が使っているのから作ってもわからないんだ?
しんいち
わからない。
山村
へー。
しんいち
むしろ共有とかできるんじゃないかな。

誰のものでもなくなるじゃん、共有した日にはね。

他何かありますか?

山村
お金もかからない?
しんいち
かからないよ、無料。

だからそのFacebookページをサイトの横とかに置いておけばいいじゃん。

 

そこではテーマをしっかり決めて発信してね。

プライベートだと飲み会やったり仕事のこと話したりそういうのあるでしょ。

 

でもFacebookページではしっかりテーマを決めるというのが重要だよ。

ビジネス用ではしっかりテーマを絞る。
自分の世界観にマッチしていないことは発信しない。

 

フェイスブックページではテーマをはっきり決める

しんいち
例えば焼肉屋さんのFacebookページやるんだとしたらよくわからない仏教の話とかしないってことね、いきなり。

仏教感のある焼肉屋だったら別にいいよ。

 

でも仏教感ないのに仏教の話とかいきなりしないことね。

だから焼肉屋やるんだったらもちろんお店のセールス的なこともやるんだけど、
そんなのやられたら受け取ってる方が嫌になるでしょ。

 

だから焼肉屋やるんだったら、役に立つような情報を発信する。

A5ランクの違いとかね。

 

A5ランクといっても平牛と大三牛と九州の方の肉で全然違うんですよ。

「世間で言われてA5ランクA5ランクと持て囃されているけど本当はしっかり選ばなきゃいけません。」
「こうやって選んだらいいですよ。」

とか、

「このお肉に合うワインはこれです。」

とか、そういう役に立つ情報を発信していく必要がある。

 

そうなった中に初めてセールス、今月の31日は31%オフですとか、そういうセールスを初めて盛り込むわけ。

 

それで初めて読まれるからね。

だからFacebookページの場合は欠点が一つあって、あまり表示されない、相手のウォールに。

されにくい、普通の個人の投稿に比べて。
その辺は兼ね合いによりますけどね。

 

でもビジネスでやるのだったFacebookページ一個あるといいよ。

自分がこのお店の情報知りたいなっていいね押しても、最近このお店の投稿見ないなと思ってページ見ると結構更新されてたりするんですよね。

その辺は天秤にかけてどっちがいいかという話ね。

 

Facebookページでの投稿のコツ

山村
Facebookページの使い方は、

自分でサイトを運営していて記事を投稿している人がFacebookページを作ったとしたら、
新しい記事をアップしましたよ

みたいなお知らせとして使っているだけではないということ?

しんいち
いろんな人がいるね。

それしか使わない人もいるんじゃない。
もうちょっとライトなやつやった方がいい。

 

記事って長くなったりするでしょ?

 

Facebookって見ようと思って見ないじゃん。

今からFacebook見ようとか思わないでしょ?

なんとなく見るじゃん、待ち時間とかで。

 

そしたら数分とかしかないわけよ。

電車乗ってたら10分とか15分とか。

 

でもだいたい5分くらいで読めるやつがいいし、もっとライトなやつがいい、1分とか。

1分くらいで読めるやつのボリュームで書くといいよ。

 

あとあまり難しいこと書かない方がいい、小難しい話を。

もうちょっと簡単なやつ、ライトなやつがいいね、わかりやすくシンプルに。

山村
記事を短くしたバージョンというわけではない?
しんいち
それでいいよ。

要点だけでいい。

 

要点だけ書いておいて、そこからリンクで飛ばすようにしておくとかもありだよね。

読みたい人は読めばいいでしょ。

 

とりあえずFacebookページでいいんじゃないの?

もし個人のやつやりたかったら個人のやつやったらいいよ。

でももう一個、個人用のその場合はアカウント作った方がいい。

 

今使っているプライベートのやつあるでしょ?

それとは別に個人用のやつ作ったらいいよ、そうしたいんだったらね。

 

山村
個人として発信したい場合?
しんいち
違う、さっき言った個人用のFacebookのデメリットがあるじゃん、変な人がくるとか、もしかしたら。

それを避けたかったらもう一個別にFacebookアカウントとってそっちで発信する、ビジネス用として。

それもありっちゃありだね。

意味わかる?

 

山村
もう一個も山村めぐみとして作ってということ?
しんいち
自分だとわからないように作ればいいじゃん。

写真とか載っけたくなかったら載っけなくていいし。

ビジネス用として見せていい部分だけを見せるということ、そっちでは。

 

Facebookページの代わりに作るということ、個人用を。

私サイトで山村めぐみですって言ってるからさ、ページを作るって言ったって、真一ですとか言ってやってないじゃん。

それだったらいいんじゃない。

 

でも個人情報とか知られたくなかったりするじゃん。

Facebookページとしてやるんだったらサイトの名前でやるんだと思うけど。

 

どっちでもいいよ。
好きな方選びな。

でももう一個作った方がいいよ、個人でやるんだったら。

 

俺Facebookページあるよ。

山村
自分のプライベートの片山真一とは別に?
しんいち
アカウントは作ってないよ。

俺だってFacebook使ってないもん、ほぼ。

 

Facebookを使ってお客さんとやりとりしてないから。

ゼロだから。

 

でも申請はよく来るんだよ、Facebookの友達申請ってよく来るの、知らない人から。

業界の人とか、同じような。

 

でも俺友達になりたくないし、そんな知らない人と、だから全部却下させてもらってるんだけどね。

本気でしっかりFacebook使うんだとしたら一個アカウント作ってそっちでやるかな。

 

もしくは本気でやるんだったらFacebookページ作っておいてそっちに広告流す。

とりあえずいいねだけ増やすような広告をね。

一気に増えるから。

 

前やったときはね、本当にちょっとしかお金かけなかったけど、すごい増えたよね、一気に

1000円とかで200いいねとかつくわけ。

 

1000円とかで200だったら1万円だしたら2000とかになるでしょ。

増やしたかったらそんな感じで増やせばいいからさ。

山村
いいねがされるとサイトにやっぱり影響があるということ?
しんいち
それはないよ、Facebookのいいねは別に関係ない、サイトのSEOと。

 

ただそこにリンクを載っけてんだったら、いいねすると誰々がいいねしましたとか出てくるじゃん。

だから自動的にお知らせというか宣伝になるということね。

 

友達の友達のウォールなんかに出てくるからね、ニュースフィードが。

それでお知らせにはなるね、そこから流々するというのはあるかもしれないけど、そこはあまり期待しなくていいんじゃない。

他に質問がなければここでおしまい。

 

山村
もし例えばここから作りますっていったらここの作成から作ればいいの?
しんいち
そう、そこから作ればいいよ。
普通にあとはググってもらえれば作り方は出てくるから。
山村
Facebookページで個人のアカウントもう一個作らないでやるっていったら、自分のサイトの名前とそのサイトのイメージみたいなのを貼って、記事更新しましたよっていうのを貼って、やるってことか。
しんいち
そう、それでやったらいいと思う。

広告を使えるっていうのが最大のメリットなんだよ、Facebookページは。

 

仕事でやっていくから追い追い広告を使っていくことがある可能性が高いわけよ。

Facebook広告コスパ高いしね、俺も使ってるけど。

 

だからFacebookページ今のうちにやっておくといいと思う。

 

広告出しましたっていってFacebookページ見に来るとするじゃん。

その広告のリンクじゃなくって、この人誰だって。

 

そしたら投稿が一個もないともったいないじゃん、投稿が一つくらいあるといいでしょ、この人いい人なんだなって。

両方使ったらいいと思うけどね。

山村
ちなみに素朴な質問なんだけど、もう一個アカウント作った方がいいよって言って作る場合、自分と全く同じ名前でも作れるってこと?
しんいち
作れるんじゃない、電話番号だけ必要かな、もしかして。

わからない、ググってみて。

以上ですか。

山村
ありがとうございました。

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください