iphoneでsafariを削除する方法を図解!簡単5ステップ

今回はiphoneからsafariを削除する方法をお伝えします。

そう、はじめからiphoneにあって、削除しようとしても中々削除できないsafariを削除する方法です。

iphoneの場合はたったの5ステップで削除できます。

やり方は以下のとおりです。

 

iphoneでsafariを削除する方法

iphoneでsafariは初期設定の段階でインストールされているWebブラウザですね。

そのまま使う日本人は多いですが、中にはパソコンで慣れているChromeが使いやすかったり、サイトによってブラウザを使い分けていてsafariの出番がほとんどないということもありますよね。

さっそく削除の方法を紹介しますね。

 

手順1:”設定→一般”を開く

設定画面に入り、一般をタップします。

手順2:”機能制限”をオンにする

オフになっている機能制限をタップして、オンにしましょう。

手順3:”機能制限を設定”をタップする

ページ上部の機能制限を設定、をタップします。

手順4:パスコードを入力する

設定しているパスコードを入力しましょう。

誘導にしたがって、2回入力する必要がありますよ。

 

手順5:”機能制限を解除”でsafariをオフにする

設定→一般→機能制限のページで、機能制限が解除されているので、safariをオフにします。

これでsafariをホーム画面から消すことができました。

safari自体がアンインストールされた訳ではないので、もしも再度使いたくなったら、ここでオンにすればsafariを復活することができますよ。

その場合、safariのアイコンは最後のページに表示されるので、元の場所になくても心配しないでくださいね。

 

iphoneで標準アプリsafariを削除する方法〜まとめ〜

iphoneでsafariの削除は、まず設定画面に入り、一般→機能制限をオン→機能制限を設定→パスコード入力→機能制限を解除→safariをオフの手順でできることを紹介しました。

標準アプリを活用するのももちろんよいですが、使いやすいようにカスタマイズして、使わないアプリは削除していくとより快適なiphoneライフを送れそうですね。

より価値のある情報をお届けするために、たった2問だけアンケートにご協力ください。
アンケート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください