「やばい、書けない、どうしよう…」こんな時は酔拳ライティング!

何か書こうと思っているのに、頭でっかちになって、中々筆が進まない。

特に、メルマガを書こうとしたときにはよくあることです。

 

「メルマガ書こう~・・・。何書こう~~・・・・」

「どうしよう~~・・・・」

 

・・2週間経過

・・・1ヶ月経過・・・

みたいになっちゃう。

 

こんな時におすすめなのが、今回ご紹介する「酔拳ライティング」です。

 

「酔拳」て、あの「酔拳」?
ジャッキーチェンの?

と思ったら、正解です。

そうです!あの酔拳。

お酒飲むやつ。

 

何を隠そう僕は、酔拳の世界チャンピオンから「酔拳」とはなんたるかを直接お聞きして、それをライティングに応用してしまったのです。

 

僕は酔拳ライティングを駆使することで、何本ものメルマガ、ブログ記事を書いてきました。

しかも、これが、勢いのある記事をバンバンかけるんですね。

 

しかも簡単。

 

なので、「みんな酔拳ライティングをやったらいいのにな~!」と思っています。

 

「『酔拳』だからお酒飲まなきゃいけないんですか?」

と疑問に思うかもしれませんが、お酒は必要なら呑んでもいいですし、

必要なければ呑む必要はありません。

「酔拳」でお酒呑むのも、必ず必要というわけではないんですよ。

 

お酒を呑むのは、思考を止めて、体の自然な反応を引き出すためなんです。

お酒を呑んで、酔った状態になると、これがしやすくなるから、酔拳ではお酒を呑むことがあるわけです。

なので、思考を止めて体の反応でライティングが出来るなら、特にお酒は必要ありません。

 

では、「酔拳ライティング」は?というと、体の反応でライティングをすることです。

頭に浮かんでくる言葉がそのまま記事になるイメージです。

 

雑念や思惑や思考を挟まないで、友達と喋っているときのようにライティングをする。

これが、「酔拳ライティング」のやり方です。

 

参考までに、僕が「酔拳ライティング」をするときは、お酒を呑みます。

日本酒。(昨日呑んだ香取80美味しかった~)

 

ちょうど気持ちいくらいに酔っていると、もう、どうでも良くなて、気持ちよくスラスラと筆が進むんですよね。

 

ただ、1つ注意点があります。

 

それは、「酔拳ライティング」で書けたものをそのまま世に出さないこと。

なぜなら、誤字脱字、それに、やばいことを書いてる場合もありますからね(^_^;)

酔いが冷めた状態で見直しましょうね!

 

そういうわけで、頭でっかちになって筆が進まないときには「酔拳ライティング」をお試しください。

ノリノリの文章がかけること請け合いです!

それでは!

より価値のある情報をお届けするために、たった2問だけアンケートにご協力ください。
アンケート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください