人間関係を良好にするマインドセット

部屋の中がゴチャゴチャで
怒る旦那と起こらない旦那さんがいる。

 

「お前が散らかしてるから怒ってるんだ〜!」は間違い。
だって、同じ状況でも愛情注げる人もいるんだから。

 

 

そんな簡単なことだけど、
気づけてない人は、
これに気づけたら人生変わる。

 

僕は夫婦(パートナー)はエネルギーを
与えあって循環させるものでなければ
いけないと常に思っています。

 

 

かつては奪い合いの関係しか

築くことができず、
地獄に生きていたから。

※これは当然相手が悪いと言ってるわけじゃなくて、
僕のマインドが低すぎたからです。

 

 

 

地獄の底で気がついたのは、
「俺、間違ってる。」

 

あの頃を思うと
僕はエネルギーが枯渇してた。

 

エネルギーがないと

どこかから奪わなければない。

 

 

で、一番身近にいる人弱い人
(パートナーとか子供とか)
から奪うことになる。

 

で、「さっさと片付けろこのやろー!」とかなる。

 

奪われた方は同じように
身近にいる弱い人から奪い、
その奪われた人はまた
弱い人から・・・。

 

 

これが繰り返されることで

家庭や会社などのコニュニティは
ギクシャクなってしまう。

 

じゃあどうしたらいいんですか?

というと、
エネルギーを与え、循環させる
仕組みを作ること。

 

まずは自分がエネルギーを高める。

 

 

これは食事のバランス、睡眠、運動

後は愛に触れること。

 

 

 

だから本当徹夜とか、

エネルギーが奪われる場所(パチンコ屋とか)
エネルギーを奪う人から

離ることすすめます。

 

これでエネルギーは自分の中に

溜まってくるし、
エネルギー漏れを防げる。

 

つまり、エネルギーを与える下地ができる。

で、次は循環させることを考えます。

 

このエネルギーをパートナーに与える。

 

例えば部屋が散らかってたら

「今日忙しかったんだね。俺がやっとくしゆっくり休みな。
いつもありがとうね〜^^」
って。

 

そうするとパートナーは

あなたからエネルギーを与えられる。

 

で、次の日の朝食とかが一品増えたりする。

それとか、子供のわがままに機嫌よく対応したり。

 

こうやってそのコミュニティに

エネルギーが循環してくと
与え愛が始まる。

 

ポイントは、これ。

【あなたがエネルギーを与えること】

 

決して求めちゃだめですよ。

「エネルギー循環させろよ〜!」とか。

 

それ思ったとしたら

まだエネルギー不足です(笑)

もっと充電しましょう。

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください