子供の名前を付けるのに画数などどうでもいい理由

息子の名前に悩む。

こたろう胡太郎か小太郎か虎太郎か鼓太郎か・・。
こたろうは多分決まりと思われますが、に悩んでます。

どれでもいいんですけどね。


・・というと、適当だと思われかねないので(いつも言葉足らずで誤解を受けるので。)
なぜどれでもいいのか?を説明させてください。


僕は神様信じてるタイプで、
人は生まれてくるときに神様と色々話し合って、

「じゃあ今世はこれで行ってきます。」とこの世に転生してくる、
と思ってます。


つまり、親が決めたと思ってる「自分の名前」も実は自分で決めてる。

 

親は子供の名前を一生懸命決めますが、
それは子供が決めた名前だと思ってるんです。

 

だから、別になんでもいい。と思ってるわけです。

 


「どれでもいい。」は適当じゃないんですよ。
むしろ謙虚な姿勢の表れです。

 

ちなみに「こたろう」は奥さんがそうしたいと言うことなのでそれでいいかと。

 

息子くんが決めた名前が「こたろう」でなければ
誰か(奥さんのママとかパパとか)が強く反対して
結局は息子くんが設定した別の名前になるので、なんでもいいんですね。

 

名前とか漢字とかは。


親は役所に子供が選んだ名前を持ってくだけ。

「名前は別になんでもいい。」はそう言う意味です。

 

同じ理由で画数もどうでもいい。

 

画数がいいか悪いかがあるとしても、

それを承知でその名前、その字を選んでくるので。

 

今までの言葉足らずな所を反省して
2016年は伝わるようにしていきたいと思います^^

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください