凹まない人の考え方とは?(前編)

 

今回お伝えするのは、
【目標を達成する心の持ち方】についてです。

ぼくが3年前にフィリピンで無一文になる
少し前の話になります。

 

大学在籍時から将来は起業をしようと思っていた僕は
卒業と同時に行商を始めました。

「商売の基本は行商でしょ!」と思っていたので。

 

商品の仕入れから販売、経理まで一通り自分でやる事になり、
販売力も徐々についていったんですね。

 

やって行くうちに常連さんがたくさん出来て
ただブラブラしているだけで毎月40万円くらいは稼げてました。

お昼の4時にはゆっくりお風呂に入ってましたね(笑)

 

ただ、常連さんが出来たらすごく簡単でしたが、
それまではず〜〜〜っと新規開拓の日々。

朝の5時半に起きて仕入れ先へ行き
車の中に商品を並べ
7時半頃から、に売り出すんです。

 

一軒一軒ピンポンを押して、次も買ってもらえるように
最高の笑顔で、最高のトーンで接客をしてました。

 

新規開拓をしていたときは
1日200人くらいは会っていたと思います。
チャイムだけなら800件くらい
毎日毎日押してました。

それで、在宅してる割合が4,5件に一件、
話をして買ってくれるのが更に4、5件に一件くらいでした。

 

 

でも、全然売れない時もあって、
最高で57件連続お断りなんて事もありました。
20件くらいならざらでしたね。

 

そんな時、「もうやだな〜!」って、
普通なら思ってしまいそうですが、
僕はちょっと違っていたんですね。

というのは、

売れない度に喜んでいたんです。

 

だから断られれば断られるほど
僕のテンションは上がっていき、
一日のどこかのタイミングで売れる波が来る。

その波に乗って売れたら売れたで益々絶好調になるので
毎日絶好調男でした。
中畑監督と肩を並べるほど(笑)

 

 

なぜそんな事が出来たかというと、
【平均の法則】を知っていたからです。

【平均の法則】とは、『波があっても最終的には平均に落ち着く』という法則です。

 

途中でやる気をなくせばショボい結果になるし、
最高の姿勢を貫けば
途中悪くても最終的には最高の結果になる。
ただそれだけの事です。

 

誰にでも何にでも波はあります。
これはしょうがない。

 

でも、【良い波をたぐり寄せる姿勢】
そして【良い波が来たら乗れる姿勢】は自分次第です。
せっかく良い波が来ていても
姿勢が悪いと上手く乗れません。

でも、波が来ないと凹んでしまう。

この気持ちも分かります。

 

では、どうしたら凹ます最高の姿勢を貫けるのか?
それは【平均の法則】を知った今ならただ信じればいいのですが、
それがなかなか出来ない。

なので波が来てない時どのように最高の姿勢を貫くのか?
そのコツをお伝えしたいと思います。

 

ちょっと長くなったのでコツはまた明日お伝えしますね。

楽しみに待っていて下さい。

_______PS①_____________

前回は【マナー違反にならないの質問の仕方】をお伝えしました。

覚えてますか?

ポイントは

・相手への敬意を持つ
・自分の文脈で質問しない

の2点でした。

 

皆さんから色々感想を頂きましたので少しご紹介したいと思います。

________________

歴史に学ぶビジネス学拝見せていただいています。
私の父は歴史小説が大好きで、本棚いっぱい揃えていましたので、
そこからビジネス学というのは、新鮮な驚きでした。

誰々はこんな活躍をしたぐらいの知識しかありませんでしたので。

 

今後も、勉強させて頂きたいです。

 

質問の仕方、では、自分自身ヒヤリと、するところがあります。
気をつけていこうと思いました。

(tsukikageさんより)
_________________

3年前の僕も前回のメールを読んでいたらヒヤリとしていたと思います。
でもこの、ヒヤリと出来るかどうかが分かれ目でもありますよね。

 

全然大丈夫じゃないのに
「自分は大丈夫。」と思って
一生治らない人もたくさんいますよね。
読者さんのまわりにもいるかもしれません。

 

tsukikageさんは大きな気付きを得ましたね。
今後のご活躍に期待です。

 

_______PS②__________
今回でフィリピンまでいくつもりでしたが全然辿り着けませんでした。
その内到着すると思いますので、気長にお待ちください。

今日はまだ静岡です。(笑)

 

⇒ 凹まない人の考え方とは?(後編)はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です