モチベーションを維持する本能の正しい使い方とは?

  
\ この記事を共有 /
モチベーションを維持する本能の正しい使い方とは?

こんにちは、真一です。

今回は仕事のモチベーションがずっと維持できて、やる気満々になれる方法をお伝えします。

その方法っていうのは人間の本能に関係があります。

本能ですね。

 

人間の本能の中には自己成長を感じられると嬉しいっていうものと、誰かに喜ばれると嬉しいっていうものがあります。

だからこの2つを使って商売をやっていくと、すごく楽しくなりますね。

モチベーションの維持には本能が影響している

自分の成長をお客様の喜びにつなげよう

どうやったらいいのかというと、自分の成長がお客さんの喜びになるんだっていうこと、これを目指してやっていくわけです。

自分が何かの勉強をする、その何かを勉強したことがお客さんの役に立つ、それによってお客さんが喜ぶ、それ自体が楽しいって話ですね。

 

そうすると自分が嬉しくなるわけなんで、じゃあもっと勉強しようとか、もっとお客さんの役に立とうって気持ちになりますよね。

それで自分を成長させてお客さんに何かしてあげたらお客さんが喜ぶ、こういう好循環が生まれます。

おすすめ記事

 

安いものでもよいから頭に投資する

これはお金の使い方の話でも少ししたことですけどね。

頭に投資しましょうってことですね。

 

ホントに頭に投資するっていうのは商売の基本ですからね。

必ずやりましょう。

 

凄い高い高額塾とか行かなくてもいいです。

100万円の高額塾とかありますよね。
500万円の高額塾とかありますけど、そういうのにいきなり投資しなくていいです。

 

その辺に売ってる、お客さんの役に立ちそうな本を買って読むだけでもいいですね。

BOOKOFF行って100円や200円で売ってる本だって、すごい良い内容のものがいっぱいありますからね。

 

もちろんそこにないものだったら1万円2万円3万円とかある程度お金を出して、10万円20万円ぐらい出して、買う必要あると思いますが。

とにかくお客さんの役に立つっていうことが自分の喜びになるんで、そうすればモチベーションも絶えることなく自分を成長させて嬉しくなりながら商売繁盛させていけますんでね。

是非やってみてください。

おすすめ記事

 

 

モチベーションには見える形も重要

それから大事なのは自己成長を感じるってことは、何か目標があってそこに向かっていくっていう、見える形でそういうものがあるのは大事ですね。

今日はこれが出来るようになったとか、1年前出来なかったこれが出来るようになったとか売り上げだけを見るんじゃなくて、こんな言葉をお客さんにかけてもらったとか、そういうのをメモしておくのもモチベーションを絶やさない方法の一つですね。

そういうことをやっていきましょう。

 

「一歩進んだ、二歩進んだ、三歩進んだ」っていうのを解る形でメモしておくといいです。

出来れば1日のどこかの時間で一回、自分の達成したことっていうのをノートに書いていくとモチベーションが維持できます。

 

僕はもうずっと日記を書いているんですけど日記帳には達成したことを書く欄があるんですよ、3つ書くんですけどね。

昨日やろうと思っていたこと、今日やったこと、っていうのを書くわけですね。

 

今日スケジュールに入れていてしっかり達成したとき、っていうのを敢えて今日はこういうことが出来ました、と。

で、自分を褒める、と。

 

こういう些細な仕組みですけど、こういうことが大事なんですよね。

是非そのままやってもらってもいいと思いますし、見える化して自分が成長している実感っていうのを持てるようにしていきましょう。

Comment

  1. Alice0420 より:

    感銘を受けました。“投資”という言葉のイメージが変わりました。どうしても、高額な印象を持っていたので。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright©片山真一公式HP,2018All Rights Reserved.