超簡単!Google XML Sitemaps設定方法!

SEO対策の一つに、自分のサイトを更新するたびに、新しいサイトマップを検索エンジンに通知する作業があります。

しかし、この作業を毎回手動で行うことは、かなりの労力を必要とするんですよね。

 

それらを全部自動でやってくれるのが、「Google XML Sitemaps」です。

このプラグインを導入することで、記事を公開、更新した際に、自動でサイトマップが作成され、検索エンジンに通知されます。

それではインストールするところから、順番にやっていきましょう。

 

インストールと設定方法

 

手順1:プラグインのインストール

Word Pressの管理画面で、「プラグイン」→「新規追加」と進み、キーワードに「Google XML Sitemaps」と入力すると、表示されますので、「今すぐインストール」をクリックします。

 

インストールが完了したら、「有効化」をクリックしましょう。

 

手順2:設定方法

インストールが完了したら、設定に移っていきます。

管理画面の「設定」の項目に、「XML Sitemap」が表示されるようになりますので、ここをクリックしてください。

 

設定画面が開きますので、基本的な設定は、下記の通りにチェックを入れておけばOKです。

上の2つは、サイトが更新された時に、GoogleとBingに更新を通知するという設定です。

3つ目は、サイトの場所を検索エンジンに対して正しく伝えるものです。

 

 

 

その下の「高度な設定」部分は、このようにチェックが入ってあれば問題ないでしょう。

 

「投稿の優先順位」の部分は、「優先順位を自動的に計算しない」にチェックをしてください。

こうしておくと、最後に設定する「優先順位の設定」が反映されることになります。

 

Sitemap コンテンツでは、どのページをサイトマップに載せるかを選択できます。

必要なページのみチェックすることで、検索エンジンがそのページを見に行くよう促すことが出来るのです。

 

以下のようにチェックを入れると良いでしょう。

 

Excluded Itemsでは、サイトマップから除外するコンテンツを指定できます。

特になければ、チェックを入れなくて大丈夫ですよ。

 

Change Frequenciesでは、検索エンジンに更新頻度を知らせるものです。

下記を参考に、コンテンツごとの投稿頻度に合わせて、設定しましょう。

 

優先順位は、重要度が一番高い1.0から、一番低い 0.1の範囲で設定できるものです。

下記を参考に設定してください。

 

まとめ

これで、ページを更新するたびにサイトマップを作成して、その都度検索エンジンに通知する手間が省けることになりますね。

これらを自動で処理してくれる「Google XML Sitemaps」はSEO対策の強い味方なのです!

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください