Table of Contents Plusの使い方を初心者向けに図解!

今回はおすすめプラグインTable of Contents Plusの設定方法をお伝えします。

おすすめの理由は

  • 目次が自動生成される
    (目次があると滞在時間が伸びやすい)
  • Googleの検索結果に目次がリンクとして表示される
  • しかも簡単

だから。

Table of Contents PlusはWordPressを使うなら入れない理由が見当たらないプラグインです。

それでは早速設定方法をお伝えしていきます!

 

Table of Contents Plusの使い方と設定方法

Table of Contents Plusをインストール

Word Pressの管理画面で、「プラグイン」→「新規追加」と進みます。

キーワードにTable of Contents Plusと入力すると表示されますので、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

インストールしたら、「有効化」してください。

 

次に設定に移ります。

「プラグイン」→「インストール済みプラグイン」へと進んで、Table of Contents Plusの「設定」ボタンをクリックします。

 

以下の通りに設定していきます。

位置:「最初の見出しの前」に目次を表示させるので、このままでいいでしょう。

表示条件:2~3が適当です。

 

 

 

以下のコンテンツタイプを自動挿入:post(投稿)と、page(固定ページ)に目次を表示させる設定にしておいて、問題ないでしょう。

 

見出しテキスト:目次のところに表示させる名前を入力します。
ここでは普通に「目次」としておきます。

そのすぐ下のところは、ユーザーが自分で目次を表示させたり非表示にさせる許可をするかどうか、なので、チェックをしておきます。

階層表示:例えば「h3」の見出しは、「h2」の下に、小さく階層表示されるようにする場合、ここにチェックを入れておきましょう。

番号振り:チェックを入れておけば、目次に番号が付与されます。

 

 

外観は、以下のようにしておけば問題ないでしょう。

プレゼンテーションは、好きなデザインを選んでください。

 

 

その下にある、上級者向けの設定は、特にいじる必要はないですが、見出しレベルで、除外したいものがある時などは、必要に応じてチェックを外しておくことも出来ます。

終わったら、「設定を更新」ボタンをクリックしましょう。

 

目次が表示されるか確認してみよう

例として、投稿画面で、以下のような見出しを作成してみます。

「h2」,「h3」,「h4」などの見出しタグをちゃんと使っていないと、正しく表示されませんので、気を付けてくださいね。

 

プレビューで見ると、自動で目次が作成されているのが確認できました!

設定は簡単でしたね!

Table of Contents Plus設定まとめ

Table of Contents Plusを導入しておくと、過去に投稿した記事についても、すべて自動で目次が作成されますので、さかのぼって目次を作る必要はないのが、大変便利です。

ユーザーの為にも、目次を作っておけば、好きな項目にすぐジャンプ出来ますので、ぜひ、設定しておきましょう。

より価値のある情報をお届けするために、たった2問だけアンケートにご協力ください。
アンケート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください