人脈作りの場所と絶対に欠かせない一番重要な必須条件とは?

今回は人脈についてお伝えしていきたいと思います。

「起業する時に人脈はあった方がいいですか?」とか、「成功するのに人脈は必要ですか?」という質問を受けることがありますので、それについてお伝えします。

 

具体的には「人脈とは何なのか」、それから「人脈の広げ方」について詳しくお伝えできればと思います。

世の中では人脈について勘違いしている方が多いので、その点も踏まえて学んでいただければと思います。

それではまず人脈とは何かについてお伝えしたいと思います。

人脈とは?

人脈というのは、知り合いとか友人とはまた違います。

脈って付くものって他にどんなものが思い浮かぶでしょうか?
例えば水脈であったり金脈であったり、そういったものですよね。

つまり脈が付くものっていうのは、価値があるものなんです。

勿論それだけじゃないんですけど。

 

価値があるものに対して、何とか脈と使います。
なので、「人脈」っていうのは価値のある人ということです。

つまり有益な人ですね。

例えば有益な人を紹介してくれる人とか、物やお金を貸してくれる人、情報を提供してくれる人ですね。
こういった方たちが、人脈といえます。

あとはお仕事を手伝ってくれるとか、そういうのもありますよね。

 

人脈というのは「有益な人を紹介してくれる」と説明しましたが、勿論有益な人と、有益でない人がいるわけです。

なので、誰かれ構わず紹介してくれる人が人脈にあたる、という訳ではありません。
必要な物やお金を貸してくれるとか、情報を提供してくれる人を紹介してくれる人が人脈です。

つまり、「自分とその人が会ったらシナジーを起こせる」などということを考えて人を紹介してくれる人が人脈の中の一人だと思います。

 

それから、物やお金を貸してくれるっていうこともそうです。

例えば「起業しよう」となった時、一千万円が必要になったとします。
一千万円貸してくれる人って、人脈ではないでしょうか。

 

それから、情報を提供してくれる人

これはとても重要です。

なんだかんだいって、物やお金っていうのは情報さえあれば手に入るんですね。
なので、情報を提供してくれる人は特に大事にするのが良いと思います。

情報というのは、「こうやったら仕事がうまくいくよ」とか、「あの人に相談してみたら、いいアドバイスもらえるよ」などです。
そういう情報を提供してくれる人は、大切な人脈だといえますよ。

 

ただ、お客さんを紹介してくれる人の中には、こちらから何かを奪おうと思って紹介してくる人もいるので、そういった場合は注意してくださいね。

「見返りを求める人」ということです。

では人脈をどのようにしたら広げていけるのか。
人脈の広げ方についてお伝えします。

 

おすすめ記事

人脈作りの場所3選!

世の中にいわれている人脈の広げ方は、

  • 交流会に参加する
  • セミナーに参加する

等です。

交流会に参加して、そこで名刺交換をするわけですよ。
で、「何かあったら連絡してくださいねとか」というわけです。

僕も何回も言われたことがあります。

 

また、起業家セミナーに行けば起業を志している人たちがいるので、そういう所で起業家仲間と知り合ったりもできますね。

自分が「こういう人に会いたいなぁ」と思うところのセミナーに参加すれば、そういう人達が集まっています。
だから、そこで知り合いは作れます。

 

ただそれが人脈になるのかっていうとそれはまた別の話なので、後で詳しく説明します。

あと僕が個人的におすすめなのは、お店を回るってことですね。

例えば飲み屋に行ってそこの店長さんと知り合いになるとか。
または美容院に行ってそこの店長さんと知り合いになるとか。

そうやって知り合いを増やすこともできると思います。

 

ただこれもさっきと同じです。

知り合いと人脈は違うので、「人脈に変わるのかそれとも知り合い止まりになるか」はしっかり意識しておいた方がいいポイントです。

 

例えば僕は昔、とあるセミナーの勉強会に参加していました。
その勉強会で懇親会があり、それに行きました。

 

懇親会は東京で行われて、意識の高い感じの方がいっぱい集まっていました。
「デールカーネギーコース」というのがあったんですが、セミナーの内容はかなり良くて、人間関係やスピーチの仕方を磨かせてもらいました。

 

 

参加している方達も、企業の社長さんであったり、有名な車屋さんのメーカーの偉い人であったり、世界に影響力のある20代100人に選ばれた日本人の人だとか、そういう人が結構いっぱい参加していました。

 

その時僕は大学生でした。
僕は起業したいなと思っていたので、懇親会に参加させてもらって、そういった方達と、名刺交換をして、まぁ挨拶をさせてもらいました。

でも、その人達とその後どうなったのかっていうと、全く人脈には変わりませんでしたね
後でその人たちと会うといったこともありませんでしたし、一緒に仕事をするってこともありませんでした。

その時の僕と同じように名刺交換だけして終わる人って結構多いんですよ。

それは何故かという話をします。

 

…ちなみに、今の僕だと、名刺交換とかしなくてもどんどんどんどん人脈が広がっていくんですね。

どんどんどんどん紹介してもらえるし、自分から「こういう人いませんか」って言ったら、そういう人と会う機会を作ってもらえたりもします。

全く意図せず、たまたま飲み会に呼ばれてそこに行ったら、そこに居た人と良い話ができたりとか、ビジネスにつながったりとか、そういうもよくあります。

 

そういう機会がどんどん増えているのが現在です。

ただ、大学生の時はこちらから会いに行っても全然人脈には変わらなかったんですよ。

 

ここで「何が変わったのか」というのが、人脈を広げる場合のポイントです。
後で説明しますけど、何となく「こんな感じじゃないかなぁ」というのは考えておいてくださいね。

 

では、まず「起業」するのに人脈があった方がいいかどうかということをお伝えします。

おすすめ記事

 

起業するのに人脈はあったほうがいい?

起業するのには人脈がある方が便利です。
非常に便利です。

何故なら、起業してすぐに成功する人ってやっぱりいます。
人脈から色々なに引き立ててもらえるからです。

 

例えば、お蕎麦屋さんを開くとします。

お蕎麦屋さんを開いた時点で人脈がある程度あったら、その人脈を通してお客さんをいっぱい紹介してもらえる訳ですね。

で、味が良かったらリピーターさんはいっぱい増えますし、どんどん話題のお店になっていきます。
スタートダッシュに成功しますね。

そういう意味では人脈はあった方がいいです。

ただ、なければないで全然構わないです。

 

起業する時に人脈を当てにされ、「誰か友達紹介して下さい」とか言われても、当てにされた方が困るんですよね。

起業したての方に、友達紹介するということは、自分のメンツがあるんです。
紹介する価値のない人を紹介したら、「あっ、こいつ全然意味ない人を紹介する奴なんだ」と思われるんです。

だから、次から誰か紹介しようと思った時に、「いやいや、俺はいいよ」という話になってしまう訳です。

そのため、紹介する側としてもしっかり有益な情報を与えてくれる人や、有益な人に紹介をしたい訳です。

 

「起業したての人」はそういった有益なものがないので、非常に紹介しにくいのです。

だから、起業する段階で「人脈がある」というのは成功の条件にはなりません。
なければないでかまいませんし、その時点で人脈を作ることはなかなか難しいと思います。

知り合いはいっぱい作れると思います。

知り合いレベルでよかったら作った方がいいと思います。

 

しかしそれが人脈に変わるかといったら、それは微妙です。

 

成功するには人脈が重要?

それでは成功するには人脈は必要かというと、確かにあると便利です。

人脈はあると便利なものです。

 

しかし、人脈以上に大事なのは、やっぱり自分の価値です。
自分の価値が高まらなければ、ただの名刺交換で終わります。

知り合いがいっぱい増えて終わりとか、「あ、なんか一回会ったことあるね」っていう人が増えて終わりなんですよ。

成功するために人脈はある程度あった方がいいですが、こちらから作りにいくというよりは、自分の価値を高めていけば自然と人脈は増えていきます。

 

さっきもお伝えしましたが、誰かが「会ってくれませんか」と紹介してくれたりします。

また、お金が増えてくるとそのお金を使って勉強会などに参加することになると思います。

 

自分の価値を高めるためには、知識であったり経験をどんどん増やしていく必要があるので、そのためにはある程度お金を自分の頭脳に投資する必要があります。

そこで会う人というのはやっぱり知識や経験を増やしたいと思っている人なので自然と仲良くなります。

そして、そういう人達はやっぱり活躍していくわけです。

 

その場では活躍していなくても1年後や2年後、もしくは5年後に活躍していくことになります。
これも良い人脈になります。

ただこれも「自分が有益な人間になる」という意識があればこそなので、そこは忘れないで下さい。

 

成功するのに人脈はあったほうがいいのか?

結論、成功するのに人脈はあった方が便利ですが、自然と人脈は増えていくのでまず自分の価値を高めるということを意識していきましょう。

人脈を作るためには自分の価値を高める

では、人脈を作る為の絶対条件は何でしょうか?

 

人脈を作るための絶対条件

これは先程からお伝えしているように自分が有益な人間になるっていうことです。

では有益な人間とは何か?

自分が誰かに紹介されても恥ずかしくないというか、紹介した人が得をするような人間ということです。

 

例えば、ある分野でプロレベルの知識や実績がある、ということが重要ですね。

僕の場合で言えば、僕はウェブマーケティングをやっています。
オウンドメディアを作って、そこへ集客するのが得意です。

 

そこからリアル店舗への集客もできますし、自分の商品を買っていただくような方法の集客もできます。

 

ではどのくらいの実績があるのかというと、例えば月間200万アクセスあるオウンドメディアを持っていたりとか、月間100万アクセスあるオウンドメディアをまた別で作ったりしました。

有名な人のプロデュースをさせてもらったり、有名な人気店のプロデュースをさせてもらったり、集客のお手伝いとかをさせてもらったりもしています。

 

そのくらいの知識と実績がインターネットマーケティングに関してあるので、その分野の知識や実績を求めている方にとっては、僕と「会ってみたいな」という気持ちになります。

このように、「ある分野での知識や実績」をつけていけば人脈はできていきます。

 

それから当然の話なのですが、「人としてまともだ」っていうことが大事です。

人脈の条件は人としてまとも

すごく性格の悪い人とかだったら、やっぱり付き合いたくないじゃないですか。
いくら知識や実績があったところで、詐欺師みたいな人などとは絶対付き合いたくないですよね。

とても酷いことを言ってくる人とか、人間としてちょっと微妙だなという人って、いくら実力があったところで人脈としては成り立たないのかなと思います。

 

自分がそうならないように気を付けるのは当たり前なんですけれども、そういう人に憧れないように気を付けて下さい。

「素晴らしい実績はあるけれども人として微妙だな」という成功者も、やっぱり人の中にはいます。

 

元々普通の人だったのかもしれませんが、いきなりお金を持つことによって、他人を虫けらのように扱う人とかもやっぱりいます。
そういう人と知り合ってもしょうがないですよ。

 

「社員が皆うつ病になってしまっている」、「家族が皆悲しい顔をしている」…。

他人を虫けらのように扱う人と深く付き合ったら、自分がその当事者になると思ってください。
悲しい思いをするのが自分になると思ってください。

なので、「人としてまとも」というのは、人脈を作るうえで絶対条件になるのでお互い気を付けていきましょう。

 

それからもう一つ、非常に重要な話をします。

「ここがないと人脈は増えません」という、人脈を作るうえでのもう一つの絶対条件です。
絶対条件のもう一つは、「とにかく先に与える」です。

「人脈を作ろう」という人は、とにかく色々な情報を聞いてきます。

「どうやったら上手くいきますか」とか、「こういう人を紹介してもらえませんか」とか、言われるんですけど。
まず、その人のことを僕は全然知らないし、紹介に足る人物なのかも知らないんですよ。

「紹介して喜ばれる人なのかもしれませんけど、もしかしたら嫌がられるかもしれない」…そういう人は、やっぱり紹介しにくいです。

だから、先ほどもお伝えした「ある分野でプロレベルの知識があり」かつ「人としてまともだ」ということがわかるように先にその情報を与えて欲しいんですよ。

 

あるいは、その実力っていうのを見せて欲しいですね、口だけじゃなくて。
そうすると、こちらも紹介しやすいです。

とにかく「先に与える」ということは意識した方がいいです。
自分が学んで得たものを、どんどんどんどん出していくんですね。

これができる人は、人脈がどんどん広がっていきます。
是非やってみて欲しいです。

とにかく、ギブギブギブギブギブアンドギブです。
どんどんギブしていってください。

 

先にテイクなんて考えなくていいです。

先にテイクを考えるから結局ギブができなくて人脈は広がらないし、成功もしにくくなっていく訳です。
「先に与える」という絶対条件を意識してもらいたいなと思います。

では最後に、大事なことをおさらいしていきたいと思います。

 

まとめ

まず、人脈というのは有益な人のことで、知り合いのことではありません。

人脈の広げ方は色々ありますが、まず大事なのは自分が有益な人間になること。
その為にはある分野で、プロレベルの知識や実績があること。
そして人間性がまともなこと。

それから大事なのは、とにかく先に与えるということでした。

成功するにも、起業するにも人脈はあった方がいいですが、なければないでかまわないので、自分を磨くことをまずやってください。

 

自分を磨いて磨いて磨きまくる訳ですね。

そして、磨きながら自分が得た情報・知識・経験っていうのをどんどんどんどん与えていきます

それができたら自然と人脈は広がっていきますし、いい出会いが訪れますよ。
いい情報もやってきますし、お金もやってきますんで、是非やってください。

 

ちなみに僕がこうやってオウンドメディアを使ってこういう情報を発信するのも、「読者の方から何かを得よう」と思ってやっている訳ではないんですよ。

「とにかく先に与える」ということを実践しているに過ぎないんですね。

このメディアの中でもやっていますし、僕のメルマガの中でももっと有益な情報をどんどんどんどん与えていっている訳です。

 

どうやったらお金が増えて、知識を効率よく吸収できて、良い人脈に恵まれるのか…とか、どうやったら起業をローリスクで成功させハイリターンを得られるか…などをしっかりお伝えしています。

これも「何かをください」と思ってやっている訳ではないです。
「先に与えることで世の中が良くなっていったらいいな」と思ってやっています。

正直な話、この活動で人脈が広がろうが広がるまいが、僕にとってはどちらでもいいのです。

 

ただ、結果的には広がるんだろうなとは思いますが。

このように、メディアであったり、メルマガやフェイスブックを使って情報提供していくのは効率が良いので、是非やってみてもらえたらと思います。

 

もちろん直接人に会っている時は、目の前にいる人に真剣に有益な情報をどんどんどんどん与えて下さい。

それができたら、あなたの人脈もどんどん広がっていくはずです。

 

おすすめ記事

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください