禊(みそぎ)の具体的な方法!身削ぎ・耳削ぎ・神(霊)注ぎ

今回は、禊の方法を具体的にお伝えしたいと思います。

 

禊という字がありますが、書き方っていろいろあるんですね。

 

 

「身を削ぐ」この身体の、「身体」の「身」を「削る」で「みそぎ」

 

もしくは「耳を削ぐ」で「みそぎ」

それから「神」とか「霊」と書いて「み」と読むんですが、この「神」と「霊」を「そそぐ」と書いて「みそぐ」と言ったりもします。

 

「身体」「耳」それから「神(霊)」ですね。

 

 

 

では、この3つが示していることが何かというと、まず「身」、「身体」からいきますね。

 

身体の禊(みそぎ)方法

身体に関して言うと、天照さんが食べているものっていうのは、あわび、鯛、昆布、それから穀物ですね。

 

あわびとか、鯛っていうと、高価なものになってしまいますが、そういうこと言っているんじゃなくて、海産物を食べているっていうことです。

 

海産物を食べて、穀物を食べているということです。

 

 

僕ら大和民族は、そういう海産物を食べるとすごく身体に良いし、身削げますよということですよね。

 

天照さんが自分自身を汚すようなものを食べるわけないですから、そういう海産物であったり、穀物をメインに食べられるのがいいと思います。

 

 

パン食の方とかいますけど、パンは食べないですからね、基本的に。

 

別にパンは食べてもいいんですけど、僕はあまりおすすめはしません。

 

 

これが、具体的に言うと、そういうことですね。

 

 

それから、伊弉諾(いざなぎ)さんが黄泉の国から帰ってきた時に、川で身体を洗って禊をするわけですけれど、そういうふうにしっかり毎日お風呂に入って、身体を浄化するというのも大事です。

 

天然の塩とかを入れるとすごくいいですね、お風呂の中に。

 

 

この禊、やってみてください。

 

滝行とかするのもいいですけれど、滝を見つけるのがまず大変ですから、近くになければ普通にお風呂でいいと思います。

 

シャワーでもいいですし。

 

 

次に、「耳」の禊にいきますね。

 

耳の禊(耳削ぎ)方法

耳は何を示しているのかというと、音ですね。

 

例えば雑音です。

耳から入ってくる汚い音ってありますよね。

 

 

言葉と同様音にも魂がこもっています。

音魂(おとだま)ですね。

 

「この音魂を大事にしましょう」ということを言っています。

 

 

テレビをつけたら、しょうもないニュース番組とか、しょうもない人の悪口ばかりのゴシップ番組、ありますよね。

 

ああいうのを見ない方がいいです。

すごい激しい音楽とかも、良くないですね。

 

 

でも、そういうのをある程度聴いてしまうというのは、しょうがない部分もあると思いますので、そうしたら禊をして、耳の禊をするんです。

 

どうしたらいいのかというと、地球にはシューマン振動という地球の振動数があるんですね。

 

 

例えば、波というのは、1分間に18回打ち寄せます。

18回というのは、すごいポイントなんですよ。

 

なので、波の音を聴いてみたり、川のせせらぎを聴いてみたり、そういう心が落ち着く音を聴くというのが、耳の禊になるわけです。

 

シューマン共振と呼ばれたりもします。

 

 

この身体の禊、耳の禊ができたら、神からのエネルギーが注がれてきます。

「神をそそぐ」と書いて「みそぐ」と書きますが、そういう状態になってきます。

 

身体の禊、耳の禊が終わったら、神社に行ってしっかり参拝するわけですね。

 

 

それをやってみてください。

いろんな願い事を聞いてくれやすいですよ。

 

 

では、禊の具体的な方法は以上になります。

 

いろいろありますが、基本的な方法をお伝えしました。

 

今回の音声はこちらです。

より価値のある情報をお届けするために、たった2問だけアンケートにご協力ください。
アンケート

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください