年収1000万円の割合は?税金で月の手取りの現実は過酷?

年収1000万円になったらリッチな生活ができる。
そう思って日々一生懸命仕事をする方がたくさんいます。

でも、年収1000万円のリアルは、イメージとは少し違うようです。

そこで今回は年収1000万円のリアルについてお伝えしていきます。

 

というのも、僕が去年(2016)年収1000万円を突破して、今年(2017年)ですねその税金ですとかさまざまな経費がかかってきています。

そのタイミングでリアルなところを伝えに来たら臨場感を持って受け取ってもらえるとおもったのでお伝えすることにしました。

 

それではさっそく年収1000万円のリアルについてお伝えしていきたいと思います。

年収1000万円の割合は?

まず年収1000万円の割合についてお伝えします。

年収1000万円の割合は30代では1%だと言われています。
30代の平均年収が560万円なので、ほとんどの30の方は年収1000万円に届いていません。

 

では40代は、というと、40代の平均年収690万円です。
1000万円以上の割合は9%と言われています。

なので10人に一人くらいの40代の方が年収1000万円を突破しているわけですね。

 

では50代はというと、50代の平均年収は770万円だと言われています。
1000万円以上の年収を得ている方は22%と言われています。

50代にもなると、役職についたりですとか、会社の社長になってみたりですとか、そいう方がたくさんいらっしゃるので、それじゃあ納得という感じですね。

 

ただ今言っているのはサラリーマンの話なので、 たとえば僕の周りにいる30代の経営者の方で年収1000万円以上の方と言うのは大勢いらっしゃいます。

40代の方でも9%以上いますし、50代の方で年収1000万円いってない方と言うのは少ない印象ですね。

年収1000万円の税金は?

では年収1000万円になるとどんな現実が待っているのか。

まず、 税金から見ていきましょう。

 

年収1000万円の税金はまず所得税が 33%です。

33%なので1000万円稼いでも330万円は所得税として持っていかれます。

なので 手元に残るのは670万円ですね。

 

ただし、後でご説明しますが年収1000万円のクラスになってくると、 いろんなものをですね経費で使えることが多いんですね。

 

普段から経費でも使えるんですが、 年収1000万円クラスになってくると 例えば自分が勉強したことがそのまま仕事に活かされることがあるので 仕事で勉強に使ったお金と言うのも経費換算されることがよくあります。

その辺も踏まえて手取りが月いくらなのかを考えてみましょう。

 

手取りは月いくら?

先程もお伝えしたように 、年収1000万円だと所得税が330万円かかるんですね。

なので手取りは670万円となるのですけれども
これもまたさっきお伝えしたように、経費でいろいろ賄えるので実質は750万円位のイメージでいたらいいと思います。

 

月の換算をすると750万円÷12で約62万円です。

 

ただこれはざっくりとした計算なので人によっては手取りが月50万円位の方もいらっしゃいますし、 他には70万円位の方もいらっしゃいます。

その辺は税金の問題だったりとか 保険の関係でだいぶ変わってきますので ざっくりと感じていただければなと思います。

 

僕は今個人事業主として仕事をしているので サラリーマンの方とはちょっと違うのですが、 サラリーマンの方だと年収600万円位のイメージでいたらいいと思いますね。

なので 月に使えるお金が50万円前後ですかね。

ではサラリーマンが年収1000万位になるためには どんな職業に着いたらいいのかを見ていきましょう。

 

年収1000万円になれる職業は?

サラリーマンの所得ランキングを見たらわかるのですが、年収1000万円以上になれるのは以下の通りです。

商社、金融、不動産関係、医者、大学教授、パイロットですね。

もちろんこの他にもあるのですがざっくりこういう感じです。

 

商社は例えば30代で年収1000万円は厳しいと思うのですが、 40代50代になるに従って役職も上がっていき年収がどんどんどんどん増えていきますね。

それに潰れる可能性も非常に低いので サラリーマンが商社にお勤めすると言うのは有効な手段じゃないかなと思います。

 

次に金融ですが、日本の金融会社と言うのは株と債権だったりそういうのを販売していますね。

金融商品を作るのと金融商品を販売するのが同じ会社なんですよ。

もちろん違う会社が販売してる場合もありますが、要するに販売するのも作る人も同じ人なので売り逃げみたいなことができるんですよね。

別に実績を上げなくても売ってしまったらこちらのもの、という側面があります。

 

次に不動産関係の会社ですが、ゼネコンですとかそういったところの役員等は年収が1000万円以上お給料をもらっている方が多いですね。

また僕の知り合いの不動産会社の社長さんもまだ30代ですけれども、普通に1000万円以上は稼いでいます。

1000万円どころか2000万円3000万円と稼いでいますね。
なので不動産関係をうまくやると言うのは1つの手段かもしれませんよ。

就職する場合はこれらの業種が有望かなと思います。

 

次に就職と言うよりかは手に職をつけると言う感じで年収1000万円以上を稼ぐ方法です。

いろいろありますが例えば医者は年収が高い職業として有名ですね。
2000万円クラスの方もいればもっと稼いでいる方もいます。

それから大学教授なども意外と年収が高いです。

 

ただ大学教授の場合は50代位にならないとなかなか年収1000万円には届かないのでそこまで我慢できるんだったらいいと思いますよ。

それから後パイロットは年収が高いですよね。
航空会社のパイロットです。

そのパイロットもいきなりなれと言われてなれるものではないので 現実的な選択肢には入らないかなと思います。

今小学校や中学校位の子が将来パイロットになりたいって言うのはありだと思いますけどね。

 

以上いくつか年収が1000万円に届きそうな職業をお伝えしましたが、実際に年収1000万円になるとどんな生活が待っているのか。

年収1000万円のリアル、というのをお伝えしていきたいと思います。

 

年収1000万円のリアル

年収1000万円にもなるとお金に余裕が出てきたような気がするんでか、ということをたまに聞かれるんですが、 実際のところ別にそんなに変わらないです。

全然お金がなかった頃に比べるといりいろ不便なく生活できるようになりましたが、 だからといってめちゃくちゃお金に余裕があるのかと言うと、そうでもないですね、僕の場合はですけれども。

 

高級外車ですとか高級腕時計をしているイメージがあるかもしれませんが、 僕は高級外車に乗ったりですとか高級腕時計をしていません。

別に買えないわけでは無いですが興味がないので持っていませんね。
僕の周りのお金持ちの人たち、1000万円くらいの年収の方達も特に持ってるイメージはないですね。

 

ただ腕時計だけは高級なものをしています、たしかに。

なので高級で時計をしていると言うイメージはある程度正しいのかなと思いますね。

 

腕時計と言うのは結構目立つんですよね。

目立つので人と話をしているときに、 高級腕時計をしているとこの人は一流の人なんだなと 一目置かれたりもしますので そういうふうに使うのはありだと思いますね。

なので僕もそのうち高級で時計とかを買うかもしれませんが、別に好きにしているわけじゃないと言うところがポイントかなと思います。

高級外車と言うのも人によっては乗っていますよ。

 

ただ、そんなに見られない場所だったりするんですよね、車って。

コレクションみたいに趣味で集めるひともいますけど 高級外車に乗っていたらお金どんどん食われるので個人的には所有していません。

年収がこれからどんどん上がっていったときに、購入してもいいかなと言う感じですね。

 

1000万円位で高級外車に乗ると結構大変だと思いますのでやめといたほうがいいかなと言うイメージです。

 

例えばベンツであったりBMWであったりトップクラスの外車でもある程度のランクのものを選ぶと1000万円以上したりするんですね。

10年ローンで、と言うと、1人あたりですね1000万円を10年なので100万円ですよね。

 

ちょっとローンがついて120万円だとしたら、一ヶ月10万円の車代を払い続けなきゃいけないと、それが10年続くわけですよね。

そうするとさっきお伝えしたように月60万円くらいの手取りなので、それが50万円くらいに減っちゃうんですね。

 

そしたらちょっと大変かなと言う感じはします。

お金を貯めて一括で買うということができなくもないですが、 そこまでしてまで高級外車が欲しくもないので僕は持っていません。

これから年収が上がっていったときに欲しくなったら買おうかなと言う、それぐらいの感じですね。

 

それから食べるものを贅沢になるんですか、というようなイメージもあるかと思うんですが、たしかに 食べるものは贅沢になりましたね。

贅沢になったと言うよりかは体に良いものを食べるようになりました。

 

なので銀座でおいしいレストランに入って食べるというよりかは、 家でしっかりしたものを食べるようになりました。

昔は500円位の牛丼とか カルビ丼とか食べてましたけれども今は全く食べていません。

 

というのも食が自分のエネルギーになり、そのエネルギーが仕事に生かされるというのがすごくわかるので 食べ物はすごく気をつけるようになりましたね。

お金持ちが気にするところってやっぱり健康ですね。

健康はめちゃくちゃ気をつかっているので、そういう意味では食べ物が贅沢になりました。

 

もちろんたまには豪華な食事を食べたりもしますけどね。

と言うよりかは付き合う人が変わってくるので、自然とそうなるんですね。

 

年収1000万円を超えるあたりから付き合う人が変わってきます。

 

僕の場合だと資産運用を始めたのでそういう意味で資産運用のプロの方とお付き合いしたり、 その資産運用のプロの方の周りにいる人とお付き合いするんですね。

そうすると食事に呼ばれて、お金持ちがいっぱいいるわけですよそこには。
なのでそういう人たちと関わる中で 豪華な食事をいただくことがあります。

 

それから付き合う人変わったと言うことに関して言うと やっぱり外食するお店がちょっと違ったりだとか話の内容が違うんですね。

話の内容が違うので話が合う人と食事をしようと思うとやっぱり今まで付き合っていた人と付き合わなくなりますね。

 

それは話が合わなくなるからです。
別に嫌いになったわけではなくて話が合わないから付き合わなくなります。

 

それからかなり努力をされてる印象もたれる方が多いですが、年収10,000円ぐらいだったら正直そこまで努力する必要もないですね。

ビジネスのやり方をしっかり学んでそれを実践していけば年収1000万円は行きます。

朝から晩まで働いているとか、365日働いているとかそういう事はないです。

 

サラリーマンだったらそういう努力をしている方がいると思いますけれども、 僕の場合は仕組みを作ってその仕組みが自動的にお金を生み出す、 と言うようなやり方をしていますので年収1000万円とは言え、 全く働かなくても変な話お金は入ってくるんですね。

ただその働き方は僕は面白くないので、 日々僕がができる範囲のことはやっていますけどね。

というか結構努力をしているのかと聞かれたら、していなくもないです。

 

ただ世間が思っているほどの努力はそのクラスの人ってあんまりしてないんじゃないかなと思いますね。

 

ちなみにサラリーマンで年収1000万円稼いでる方ってやっぱりこれまで何人か会ってきました。

その中で努力しているかしていないかと言われたら、してる方の方が多かったですね。

 

本当に1日中働いて 休みなく働いて 出張ばかりで海外に行ったり日本中ぐるぐる回ったりとかして プレイングマネージャーみたいな形で サラリーをもらっている方は相当努力していましたね。

その努力を個人で独立してやったら1000万円どころが一億円だって行くと思いますけど。

 

ただ個人事業主で1000万円位のレベルだと そこまでの尋常じゃない努力をしなければいけないと言うことはありません。

ただ努力はある程度は必要です。

 

よく読書家ですかとかも聞かれますが 僕はかなり読書する方だと思います。

学生の頃は毎年100冊は読んでいましたね。
今はそこまで読む時間もないですし、あと子育てをしているので 読書そこまではしていません、100冊は。

 

ただ、社長さん達の中には読書家である方が多いですね。
なので速読とかをやっている方も多いですよ。

 

全員読書家なのかと言われたら全員読書家なわけではありません。読まない人もいます。

 

それからよく聞かれるのは愛妻家ですかとか、愛人とかってやっぱりみんないるんですか、とか聞かれます。

そもそも愛人がいるかどうかと言うのは1000万円と関係ないと思うんですけれども、愛人いる人もいればいない人もいますね。

愛妻家の人もいれば、愛妻家じゃない人もいます。

じゃあこれどちでもいいのかっていうと、そうでもありません。
長い目で見ると愛妻家の方が成功しているイメージがあります。

 

どういうことなのかと言うと、二番目に好きな人、三番目に好きな人に エネルギーを注ぐのが非常に効率が悪いんですよね。

2番目、3番目に好きな愛人にエネルギーを注ぐ、時間を注ぐ、これって何になるんですか?と言う感じです。

 

そこに注いだエネルギーっていうのはただ自分の欲求を満たすために使っている、それだけの話なんですよ。

ただの浪費です、 エネルギーの浪費です。

 

だったら自分の奥さんに 2番目3番目につぎ込んでいたエネルギーを使えばいいですよね。
自分の奥さんであったり家庭に。

そうしたら奥さんとの仲も良くなりますし、奥さんが協力してくれますし、 美味しいご飯も作ってくれるし、掃除洗濯も楽しくやってくれるし、 そうしたら自分の仕事もはかどるわけですよね。

 

なので愛妻家の人も愛妻家でない人もいると思いますが愛妻家の人の方が長いことうまく行きやすいです。

ちなみに、だからといって女っけが全くないのかというとそんなことはないです。
女っ気はありますけど、別に浮気とか不倫とかしないってわけです。

そんなことで女の子を選んだりしないっていうのがリアルなところだと思います。

 

ただ成金みたいな人だと愛人何人かいるとか、ありますよ。

すぐ女の子に手を出すとかいますけど、それは一部の話なので、みんなそうだと思わない方が自然ですね。

 

それから時間にきっちりしているのかと言うことをよく聞かれますが、 時間には皆さんきっちりしています。

時間に遅れるというのは相当信頼を失うので絶対にやっちゃいけないことです。
そんなことは皆わかっているはずなのに やっぱり時間にルーズの方いますよね。

年収1000万円の人と1000万円以下の人を比べると、 時間にきっちりしているかしていないかと言うのは大きく差があります。

つまり年収1000万円未満の方は5分とかそういう遅刻が多いのに対して、1000万円超えている人は必ず時間までに待ち合わせ場所に到着していますね。

 

だいたい皆さん10分くらい前には到着してます。

電車が遅れましたとか、ちょっと道が混んでいてとか、言い訳は一切そこにはないと思っていてください。

電車が遅れようが道が混んでいようがそれは自分の責任なので、言い訳にならないと言うマインドを持っている方が多いように思います。

僕自身もそれは思っています。

 

とにかくうまくいっている人っていうのは、時間がすごく大事っていう認識があるんですね。

時間が大事だからこそ健康が大事と言う事なんですよ。

 

さっき言った健康を気にしていると言うのは時間が大事だからです。

寿命が伸びると言う事は時間が伸びると言うことですよね。

あるいは朝起きて一時間うだうだしてる時間がもったいないのでそれだったら食べるものをしっかりして、消化にエネルギーをなるべく注がないようにしたりとか 体が健康でいられるようなものを選んで食べます。

なのでファストフードなんかも全然食べないですね。

ファストフードにはいろんな添加物が入っていてその添加物を体内に入れることによってその添加物を消化するのに体内のエネルギーを使うわけです。

 

そうすると本来仕事や家庭に向けるはずだったエネルギーが削がれてしまうんですね。

だから できるだけ良いものを食べようという意識があるわけです。

 

さて、ここまで サラリーマンが年収1000万円行く方法と自営業が行く方法をこれまで説明してきました。

個人的にはサラリーマンで年収10,000円は不利だと思っているんですね。

その理由をお伝えします。

 

サラリーマンで年収1000万円は不利

サラリーマンが年収1000万円稼ぐのが不利だと言うのは 自営業と比べたら不利だと言う意味です。

なぜならサラリーマンの年収と言うのはそんなにトントントントン上がっていかないからです。

40代のサラリーマンの平均年収がさっきお伝えした通り690万円ですね。

50代が770万円。

10年でたったの80万円しか変わりません。
平均年収80万円しか変わらない。

という事は1年で8万円。

 

1年に年収が8万円上がると言う事は1ヵ月あたり 1万円もいかないですよね。

7,000円もいきません。

 

一ヶ月7,000円アップっていうのができない状況で1000万円を超えると、税金の面でいろいろと不利になります。

日本は累進課税なので、年収が増えれば増えるほど税金がかかってきますよね。

 

年収が695万円までは20%の所得税に対して、 695万円から900万円までは23%です。

20%が23%になるだけです。

 

ただ900万円を超えると途端に33%になります。
つまり10%も増税されるわけです。

 

これは所得税だけでですよ。

実際はもっといろんな税金が増えてきますので、 いろいろとですね税金はかかってくるんですよ。

 

ですがサラリーマンと言うのはあまりがーんと年収が上がるわけではないんですよ。
そうすると年収1000万円から税金を払うとなると結構な量になるんですね。

でもそこからお給料が上がっていけばいいんですけど対して上がらないのでだったら年収900万円より下の方が 実際に使えるお金が多い場合は多くあります。

年収1000万円の人が払う所得税は330万円ですよね。
年収900万円より下の人が払う所得税は23%です。

ざっくり900と1000万円で計算してみます。

 

900万円の人が23%の所得税を払った場合 手元にいくら残るのか。

900万 × 0.77で 693万円です。

これが所得税を引いた分の手取りの給料ですね。

 

では1000万円だと手取りはいくらになるのか?

1000万円× 0.67をやると 残った数字は670万です。

 

年収900万円より下の人の方が実際の手取りっていうのは多くなるんですよ。

そういう意味で年収ががつんと上がる場合はいいけれど、上がらないんだったら900万円よりちょっと下で押さえておいた方が実際手元に残るお金は多いです。

 

だからサラリーマンで年収1000万円は不利ですよという判断を僕はしています。

ただ自営業だと話は別です。
自営業の場合は年収が上がってきますからね。

じゃあデメリットはないのかと言うことになりますが、 これからお伝えしていきますね。

 

1000万円稼ぐなら自営業のすすめ

1000万円稼ぐなら自営業のススメです。
1000万円稼ぐのなら自営業を勧めるのですが、 デメリットもあります。

デメリット

デメリットは何かといいますとまず国保になるということです。

国保になると医療費が1割多くなりますので、そういう意味ではサラリーマンをやりながら社会保険に加入している方いいのかもしれません。

それから自営業と言うのは年金と言うのは自分でかけていなければならないので、 そういう意味ではサラリーマンは年金を半分会社が持ってくれるわけなのでこれはいいですよね。

 

それから1000万円くらいになると税理士さんがいたほうが良いようになるんですね。

僕も税理士さんと契約しています。
確定申告の場合は15万円ぐらいかかりますし 毎月の前肢報酬と言うのも数万円かかります。

 

その辺はサラリーマンはかからないので、自営業でいることのデメリットかもしれません。

 

メリット

ただそれでも僕が自営業を進めると言うのはそれよりもメリットが大きいからです。

まず自営業の方が受けられる恩恵の大きなものとして 大きなものを学んで経費にできると言うことがあります。
僕は仕事のセミナーですとかコンサルですとか お金のかかるものをたくさん受けています。

でもそれは仕事にかかった経費なので 自分が学んでいて知識を吸収していても、すべて経費にできるんですね。

これは大きなメリットだと思います。

 

実際のところ手元にですね、 2000万円くらいあっても 1000万円位好きに使っても 問題は無いんですよ。

例えば車を買いました。
その車も会社の経費として買えるんですね。

 

例えばコンサルティングを受けて200万円かかりました。
この200万円も経費にできます。

 

ではその200万円で得られた知識や経験と言うのは ずっと自分の頭の中に残り続けるんですね。

自分の力になります。

その力を使ってこれから何十年も稼いだりですとかですね 社会貢献をすることができるので、 そういう意味では自営業で1000万円稼ぐと言うのは魅力的なのではないかと思います。

 

サラリーマンで200万円のコンサルティング料っていうの払ったりはできないわけですよ。

会社にお願いして 200万円かかるからコンサルティング料を払ってくれと言っても おそらく断られるでしょう。

 

でも自営業だとそれができると言うのは大きいですよね。
それからもう一つ大きなメリットとして 自分でいくらでも稼げると言うことがあります。

つまり年収1000万円クラスだと さっきも言ったように結構お金がかかるんですよ。

税金がかかりますし、そもそも。

 

でも1000万円で止まってるわけじゃないですよね。

次の年は2000万円その次の年は40,000,000円ですとか、 そうゆう風にお金を増やしていくことも可能です。

 

なのでサラリーマンとは違って税金が大変だから1000万円を止めておこうとかいう選択肢は取らなくていいと言うことです。

 

もちろんやる気がない自営業の方はあまり1000万円以上稼ぐというのはやめたほうがいいと思いますよ。
税金がかかるので。

あといろんな見えがお金になってしまったりするので。

 

基本的に自営業と言うのやる気がない方はいないと思いますので、自営業をやるならどんどん年収を上げていきたいというのが本音だと思うんですね。

2000万円ぐらい稼ぐげば本当に好きなものはいくらでも買えるようになりますし、そのくらいだったら自営業というのは普通に稼ぐべきところなので、やる気のない自営業者と言う例を出すべきではないかのかもしれませんが。

ただ10,000円以上稼ぐのであればサラリーマンより自営業のほうが良いと言うのは今の説明で分かっていただけたかなと思います。

 

最後に

最後に今回は年収1000万円のリアルということで僕の例をいろいろお伝えしてきました。
巷で言われている年収1000万円は不利と言う話は サラリーマンの話なんですね。

自営業にとって年収1000万円と言うのは超えるべき通過点でしかありません。

 

超えるべき通過点ですし、 1000万円が嫌だとか、税金がかかるのがいやだとか言ってるんだったらその先がないので、あまり自営業が向いていないのかもしれませんよね。

でなくて、1000万円のときはちょっと大変だけど自分はその先、1億円2億円になるとか、そういう希望を持って自営業をやる方にはいいとか悪いとか言っている問題ではないので、ぜひ頑張ってやっていきたいところですよね。

ということで自営業で1000万円、と言うか2000万円3000万円ぜひ目指してやっていきましょう。

==================
はじめまして、真一です。

月間200万PVブログと100万PVブログも作ったとか、
月収200~300万稼いでますとか言うと

「嘘でしょ?!」「信じられない!」なんて言われたりしますが、
全部本当の話です(^_^;)

Amazonでベストセラーになったのも本当。

 

こんなふうに伝えると、
ちょっと凄そうな印象を持たれるかもしれませんが、
失敗もこれまた沢山してきました。

一回目の独立なんて、
フィリピンで詐欺に遭って一文無しになって終了しましたから(-_-;)

 

それ以来サラリーマンになりましたが、
婚約者に幸せな将来を約束したにもかかわらず、
安月給と、謎の月間200時間の
サービス残業に未来を悲観した僕は、

再び独立し、今に至ります。

 

でも、当時はブログなんて
ほどんど触ったことがありませんでした。

文章を書くこともほとんどありませんでした。

と言うか、どちらかと言うと、苦手でした(^_^;)

 

それでも、何をしたらいいのかを学んでコツコツ実践すれば、

だれでも自分の力でお金を稼ぎ、
理想の未来を手に入れることができるのです。

 

無一文の状態から年収3000万円になるまでの話は、
こちらで詳しく語りました。

フィリピン詐欺で無一文から年収3000万円になった、しんいちのプロフィール

====================

Amazonでベストセラーになった電子書籍
『お金がないなら仕事に行くな』を
無料でプレゼントしています。

一見なんの役にも立ちそうにない
【不都合な才能】で収入を得るための方法をお伝えしました。

 

ベストセラーを記念しての
期間限定の無料プレゼントです。
※他にもプレゼント多数用意しました

詳しくは下の画像をクリックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください