記事の文字数は何文字がいい?アドセンスブログで稼ぐ

ブログで稼ぐアドセンスアフィリ講座

「記事の文字数はどのくらいがいいですか?」ってよく聞かれます。

 

これ、気になりますよね。

僕も以前は気になってました。

 

 

色んなところで色んなことが言われていますよね。

 

最低1000文字。とか、1500文字は書いたほうがいい、とか。

いやいや400文字くらいの記事を量産したらいいんだよ。って情報もあります。

 

2000文字、3000文字〜・・とどれが正解なのかよくわかりません。

 

 

そこで今回は【記事の文字数は何文字必要か?】についてお伝えします。

 

ブログの記事の文字数は何文字がいい?

まず念頭に置かなければならないのは、ブログで稼ごうと思ったらグーグルの検索上位に入ることです。

 

なのでグーグルさんがどんな記事を評価するのか?を確認する必要があります。

 

 

これは何度もお伝えしてることですが、グーグルさんが評価するのは【読者が喜ぶ記事】です。

つまりコンテンツ力がものを言うわけですね。

 

コンテンツ力が高い記事から順番に上位に表示されます。

 

 

文字数ではないのです。

 

 

結論ぽ言い方になってしまいますが、誤解を恐れずに言えば、文字数はどうでもいい。

400文字でも、1000文字でも3000文字でもいいです。

 

 

何がNGかと言えば、それはコンテンツ力が弱く、読者が喜んでいない記事です。

 

難しいことを難しく書かれてある記事は例え10000文字書かれていても読者は喜ばない。

なので上位表示されることはありません。

 

 

逆に難しいことを分かりやすく書かれている記事なら、例え文字数が2000文字でも読者は喜びますよね。

10000文字のものよりも上位表示されるでしょう。

 

 

そう言う事です。

 

ところで、読者が求めている情報が網羅されていて、しかも分かりやすく解説してある記事って・・・

 

400文字で収まるでしょうか?

 

1000文字で収まりますか?

 

 

ほとんど無理だと思います。

 

 

例えば富士山の標高を知りたい人がいて、その人のために記事を書く。

 

「そしたら記事の内容は標高を書くだけなので3776m」だけで短くなります。」と言われそうですが、読者が求めてる情報ってそれだけでしょうか?

 

 

それはないです。

 

他にも欲しい情報はないか?を考える必要がります。

なぜ読者は標高を調べるのか?

 

この辺りはターゲットリサーチをして判断します。

 

ターゲットが富士山に登りたい人なら、

 

  • 高山病にならない方法
  • 高山病になったときの対処法
  • 富士登山グッズ
  • 何合目まで車で行けるか?
  • ガイドは必要か?

 

など、いろいろと知りたいことがあるでしょう。

 

それをお伝えしてあげたらいいです。

 

富士登山を考えて富士山の標高を調べてる方は喜ぶでしょう。

 

 

まとめ

記事の文字数でお伝えしたかったことはたった一つです。

 

ライバルよりも読者の喜ぶ記事を書く

 

これだけです。

 

文字数は結果論なんです。

 

 

ただ、だいたい3000文字は書くことになりますね。

 

関連記事

関連記事一覧