野生脳に働きかけて一瞬で気分を良くする方法

こんにちは、真一です。

今回はですね、【気分を一瞬で良くする方法】をお伝えしたいと思います。

 

音声はこちらです。

 

気分を一瞬で良くする為にはどうしたらいいかと言うと、

脳ミソの構造的に言うと、脳ミソの中の「野生脳」って言う所に直接訴えかけるのが早いです。

一瞬です。

 

脳ミソって言うのは、「野生脳」が真ん中にあって、その周りに「論理脳」って言ったらいいんですかね。

「大脳新皮質」って言われる所があります。

 

野性脳が「大脳辺縁系」、その周りに「大脳新皮質」っていう脳ミソがくっついていると思って下さい。

 

 

その「野生脳」の方に直接働きかけるにはどうしたらいいのかと言うと、人間の「五感」の中であるんですね、そう言う部分が。

 

それはどこか。

 

 

それは「視覚」ではありません。

 

「味覚」でもないし、「聴覚」でもなければ、「触覚」でもないし。

 

 

「野生脳」に直接働きかけるのは、「嗅覚」です。

 

つまり「匂い」ですね。

いい匂いを嗅いだら気分が良くなる。

 

嫌な匂いを嗅いだら一瞬で気持ち良くなくなりますよね。

嫌な気持ちになりますよね。

 

だから、「匂い」を使うっていうのが早いです。

 

 

 

もちろん他に、「視覚」を使う方法、「言語」を使う方法、色々あるんですけど。

 

じゃあ、「視覚」を使ってですね、好きなアイドルの写真とかをですね、見るとしますよね。

 

そしたら初めは、凄く効果的だと思うんですよ。

嫌な気持ちになる度に、アイドルの写真を見ると。

 

 

初めは効果的だと思うんですけど、常に嫌な事を思っている時に、そのアイドルの写真を見るっていう習慣が付いてくると、そのアイドルの写真とか、テレビでそのアイドルを見る度に、嫌な事を思い出しちゃったり、嫌な事がそのまま、条件反射的に嫌な状態になるんですよ、気持ちが。

 

だから、それは避けたいじゃないですか。

 

だから、それはやめましょう。

 

 

じゃなくて、「匂い」を使いましょう。

いい匂い。

 

特に柑橘系のフレッシュな匂いって言うのは、気分を良くしてくれますからね。

そういうのを是非やってみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください