インターネットビジネスの種類と会社員の副業には不向き?

会社員の副業に人気のインターネットビジネスですが、実は不向きだと言う人もいます。

なぜインターネットビジネスが会社員には不向きなのか?

それと共に、なぜインターネットビジネスは会社員の副業として人気なんでしょうか?

 

今回、これらの疑問にインターネットビジネス歴4年の僕が詳しくお伝えしていきます。

僕はインターネットだけで月収100~200万円の収益がありますし、それでいて二人の息子を連れて毎日公園で遊べるほど時間もあり、個人的には超超オススメです。

とは言え、不向きだとする意見も見てこそ、正しい判断が出来ますからね!

詳しくどちらも見ていくことにしましょう!

 

Contents

なぜ会社員にはネットビジネスがおすすめなのか?

会社員にネットビジネスがおすすめな理由その1 時間を選ばない

ネットビジネスにも様々ありますが、会社員におすすめな理由としては、時間を選ばないということです。

更に、場所も選ばずにできるっていうのがネットビジネスの強みですね。


つまりパソコン1台あれば、いつでもどこでも仕事ができる。

これがインターネットビジネスなんですね。

 

僕がやっているメルマガアフィリエイトですとか、ブログアフィリエイトっていうものは、その典型的な例で、本当にパソコン1台あれば、自宅にいても、カフェにいても、北海道にいても、外国にいても、沖縄にいても、どこにいてもインターネット環境さえあれば、仕事が回っていきます。

 

1年中寝ていたとしても、1年中会社の仕事が忙しかったとしても、初めの仕組みさえ作ってしまえば、あとはほったらかしで、自動収入が入り続けるんですね。

なので会社員の方にはとっても有利だと思います。

 

中には、転売を始める方がいます。

転売と言うと、お店で仕入れをして、それをヤフオクですとかAmazonに出荷して、そこから売上が立つっていう方法があるんですね。

その場合はお店で仕入れをする時間が必要だっていう方もいます。

 

確かに転売の場合は仕入をする時間が必要ですが、場所はどこでもいいんですね。

なにも、ヤマダ電機に行くとか、ドンキホーテに行くとか、する必要もありません。

これは、電脳せどりというものがありますので、自宅で好きな時間にヤフオクですとかメルカリの商品を仕入れをするってことができるんですね。

 

なので時間も場所も選ばないってことです。

これがまず、サラリーマンにインターネットビジネスがおすすめの理由のその1です。

 

 

会社員にネットビジネスがおすすめな理由その2 低資本で始められる

会社員の人気の副業としては、FXや株の取引があります。

ただ、FXや株の取引と言うと、資本がかかりますよね。

 

あんまり小さな資本で始めても、大して収入にならないわけです。

例えば、元手10万円だったとしたら、それが倍になったとしても、せいぜい利益は10万円ですよね。

元手が30万円だったとしても、ぜいぜい2倍になったら30万円儲かると。

 

ただそれだけの話なんですよね。

で、もっと言うと、2倍になるようなことって、ほぼありませんよね。

 

なので、元手が少ない方に関して言うと、数10万円の投資じゃ、あまり意味がないんですよ。

副収入になりません、大して。

 

もっと言ってしまうと、FXや株で言うと、元手が多ければ多いほどリスクも増えていくわけですね。

元手に応じてリスクが増えていきます。

元手が500万円あったとしても、それが半分になってしまうようなことはよくある話ですね。

 

僕も大学時代に株をやったことがあります。

その時はまだ大学生でお金がなかったので、10万円だけ投資しました。

10万円投資して1週間後にその10万円がどうなったのかと言うと、5万円に減っちゃいました。

 

僕が株を買った会社が、株式を分割したんですね。

そしたら売りやすくなって、株を売りやすくなってしまったんで、売られたと。

 

で、一気に5万円まで下がりました。

元手が10万円だったからよかったようなものの、これ1,000万円とか投資していたとしたら、1週間で500万円失うことになりますね。

 

これはかなりの痛手です。

副収入どころではありません。

 

 

ネットビジネスに関して言うと、こういったことがありません。

なぜなら、初期費用がほとんどかからないからです。

 

例えば僕がやっているブログですとかメルマガに関して言うと、初期費用でかかるのはサーバー代とドメイン代だけです。

サーバー代は1ヶ月1,000円、ドメイン代は1ヶ月100円くらいですね。

つまり、1,100円とか1,200円くらいの初期投資で、インターネットビジネスは始めることができるんです。

 

なので、自分でビジネスを立ち上げるのが初めての会社員にとっては、インターネットビジネスは本当にリスクがない、おすすめの副業と言えます。

実際僕は会社員時代に、副業としてインターネットビジネスを始めました。

 

会社員時代の給料は本当に少なくて、かなり成果を上げていたにも関わらず、20万円ちょっとでしたね。

しかも朝の9時から午前の2時まで毎日のように仕事をして、たった20万円ちょっとでした。

 

文句を言うわけにもいかないので、一生懸命働いていましたけれども、それにしても給料が少なくて、生活するのが大変だったんです。

これから結婚しようという時期だったので、結婚したら奥さんに大変な思いをさせるのが目に見えていました。

 

また、子どもが生まれたら、子どもにいろんなことを我慢させなきゃいけないっていうことも目に見えていました。

服も買ってやれない、習い事も好きにさせてやれないっていうのがわかっていました。

なので僕は、会社員時代に、インターネットビジネスを始めました。

 

 

インターネットビジネスを始めてみて、どうなったか。

今は会社員時代のお給料の5倍から6倍ぐらいの収入が毎月あります。

 

しかも朝9時から午前2時まで働くっていうことをせずにです。

毎日寝ていたとしても、100万円くらいの利益は上がってくるような仕組みが作られています。

これがインターネットビジネスの旨みなんですね。

 

もちろん毎日寝ているっていうことはありませんので、それ以上の利益が毎月上がり続けていますね。

会社員の方は本業がありますので、まず仕組みを作るってことをやってみてください。

 

毎月10万円の副収入が自動ではいってくるというような資産をインターネット上に持てただけでも、人生変わりますよね。

もっと言ってしまえば、10万円分の副収入が入ってくるような資産をインターネット上に持てたとしたら、20万円にするのも30万円にするのもやることは同じなんですね。

 

なので、収入をどんどん増やしていくことができます。

だからこそ会社員には、インターネットビジネスがおすすめなんです。

 

 

会社員にインターネットビジネスがおすすめな理由その3 短時間でできる

会社員は本業があるので、あまり時間がないと思います。

そんな時間のない会社員だからこそ、短時間で効率よく稼ぐっていうことをしなければいけません。

 

僕の話をさせていただくと、僕は会社員時代本当に時間がありませんでした。

朝から夜中まで仕事をしていたので、頑張っても1日1時間ぐらいしか時間が取れなかったんですね。

なので、その1時間っていうのをなんとかしてお金に変えようとインターネットビジネスを始めました。

 

初めにやったのは転売でした。

仕入をして、Amazonで売るっていうようなことをやっていたんですね。

 

それでだいたい月10万円ぐらいの利益を出せるようになりました。

ただ、毎日1時間ぐらいの空いている時間をビジネスにつぎ込んだので、本当に自分の時間がなくなってしまったんですね。

 

これをなんとかしなきゃいけないと思って始めたのがブログでした。
つまりブログを使って、資産収入を得ようっていうことですね。

 

その時僕が教わったのは、ブログを使って100記事書いたら、だいたい1日10,000アクセス集まって、10,000アクセス毎日集まったら、毎月10万円ぐらいの報酬が自動で上がってくるっていうことでしたね。

その言葉を信じて僕はブログをやり始めました。

 

いきなり上手くいったわけではありませんが、実際に1日10,000アクセス集めることができるようになって、そこから先はどんどんどんどん資産を増やしていって、実際に毎月10万円、20万円、30万円と自動で収入が上がるような仕組みを作ることができました。

これが僕が会社員時代にやった初めのステップですね。

 

転売をやって、その後ブログ。

これはあくまで僕の例なんですけど、要するにこういうふうに短時間でも副収入を得られるような仕組みを作ることができるんですよ。

 

インターネット上に資産を築くっていうのはそういうことなんですね。

なので、会社員の方にはとてもおすすめです。

 

一度資産ができてしまったら、後はずっと副収入が入り続けます。

では実際インターネットビジネスにはどんな種類があるのでしょうか。

 

また、インターネットで収入が入る仕組みとはどのようなものなのでしょうか。

これらを見ていきましょう。

おすすめ記事

 

 

インターネットビジネスで収益が上がる仕組み

インターネットビジネスで収益が上がる仕組みには、いくつかのパターンがあります。

それを見ていきましょう。

 

広告収入の仕組み

広告収入と言うのは、例えばあなたが書いたブログに貼り付けてある広告、これをクリックさせることによって収益が発生する仕組みがあります。

もう1つの仕組みとしては、あなたが立ち上げたサイトに広告を貼っておく。

 

で、その広告から任意の商品が購入された場合、紹介料が入るという仕組みですね。

なので広告収入って言っても大きく2つの種類があると思ってください。

 

今お伝えしたように、クリック課金型、それから商品が購入された場合のみ報酬が発生する仕組みです。

初心者の方にはクリック課金型をおすすめしています。

つまり、商品が購入されようが購入されなかろうが、広告をクリックされさえすれば必ず報酬が上がるという仕組みですね。

 

この報酬の仕組みの代表的な例がGoogleアドセンスです。

ブログに限らずYou tubeでも広告が流れますね。

 

あの広告も、全て見られるですとか、広告をクリックされるとYou tubeのチャンネルの所有者に報酬が発生するわけですね。

だから皆さん、アクセスをたくさん集めようと、視聴回数をいっぱい伸ばそうとしているわけです。

 

商品を紹介して購入された時に紹介料が発生する仕組みの会社として有名なのは、「エーハチ」ですとか「バリューコマース」「レントラックス」「アフィリエイトビー」なんかがあります。

これらの会社をASPと言いますので、これは覚えておきましょう。

 

 

ネット通販の仕組み

ネット通販の仕組みと言うのは代表的なものがAmazonです。

Amazonに仕入れた商品を出品して、Amazonで購入してもらう。

 

Amazonはご存じの通り、世界最大のインターネットショッピングモールですので、いろんな人が買い物をしますね。

なので、売れ筋の商品を仕入れて出品してしまえば、ほぼ確実に売れます。

 

仕入の代金が高すぎなければ利益が上がるのは言うまでもありません。

Amazon以外ではヤフオク、メルカリと言ったところが有名ですね。

 

この3つが初心者にとっては参入しやすいプラットフォームと言えるでしょう。

楽天もあるんですが、楽天は出店料が高いので、いきなり始めるにはあまり向いていないと思います。

そもそも出店の審査がありますので、まだビジネスを始めていない段階で楽天に出店できるかは疑問です。

 

 

自分の商品を販売する

先ほど、広告をクリックしてもらって、その商品が売れた場合には紹介料が入る仕組みをご紹介しました。

それを考えたときに、その商品が自分の商品であってもいいんですよね。

 

なので、自分の商品をブログやメルマガで紹介してそれを購入してもらうと。

そうすると紹介料じゃなくて、購入代金がそのまま販売者に入ってくることになりますね。

 

じゃあどんなものを販売したらいいのかと言うと、それはあなたが持っている価値をそのまま販売したらいいです。

例えばあなたがプリンを作るのがすごい上手だったらプリンを売ってもいいし、そういうハードでもよければ、ソフトでもオッケーです。

 

ソフトと言うのはつまり情報ですね。

あなたが作曲の才能があるんだとしたら、あなたの作曲した曲を販売するっていうこともできます。

 

よくやられているのは、情報商材と呼ばれるものですね。

ダイエットの方法であるとか、犬のしつけ方であったりとか、まあ様々なものが教科書としてインターネット上で販売されています。

 

そのようなノウハウがあるのであれば、それを売るのはすごく有効な手段となりますね。

情報と言うのは宝箱なので、出し惜しみしないでどんどんPRしていけば、それを欲している人が購入してくれますよ。

 

 

クラウドソーシング

インターネットビジネスのうちの1つとして、クラウドソーシングがあります。

つまりクラウド上のマッチングサイトに登録して、仕事を受注するというパターンですね。

 

これは資産収入にはならないので、あまりおすすめはしませんが、ただちょっとお小遣い稼ぎをしたいというのであれば、有効な手段だと思います。

クラウドソーシングの有名な会社としては、クラウドワークス、ランサーズがあります。

 

クラウドワークスは僕も使っていますが、例えば記事の作成を頼んだりします。

他には電子書籍の表紙をお願いしたりですとか、You tubeの編集をお願いすることもあります。

 

低単価なので、僕は積極的に活用させてもらっています。

ですが、仕事受け取る側にとってはあまりおいしくはないかなって印象を僕は受けています。

 

クラウドソーシングで仕事を受注するっていうのは、あくまでバイト感覚なんですね。

それだったら普通にバイトをした方が稼げるは稼げると思いますね。

 

ただしバイトは基本的に時間も場所も決められていますよね。

そういうのが無理だーってことであれば、クラウドソーシングは有効なんじゃないかと僕は思います。

 

クラウドソーシングは本当にいろんな仕事があります。

例えば、アプリケーション開発、デザイン、ワードプレスの設定、アンケート、出品代行サービス、商品を使ってみたレビュー記事、あなたの恋愛のレビュー記事、ですとか、いろんなものがあるんですね。

 

なので、自分にあっているものを見つけるっていうのは楽しいと思いますよ。

ただほとんど収入にならないので、あまり意味はないかなと思います。

 

インターネットで収益が発生する仕組みについてお伝えしてきましたが、だいたい伝えられたかなぁと思います。

では次に、どんな種類のインターネットビジネスがあるのかについてお伝えしていきます。

 

 

インターネットビジネスの種類とは

インターネットビジネスの種類は、どこまでをインターネットビジネスと言うのかによって変わってきますが、代表的なものをお伝えしていきます。

 

アフィリエイト

インターネットビジネスの代表的なモデルとして、アフィリエイトブログがあります。先ほどお伝えした通り、クリック課金型の収益モデルと、商品が購入された時だけ紹介料が発生する仕組みがあります。

 

クリック課金型の場合は、とにかくアクセスを集めることが重要なので、そのノウハウにのっとってブログを作っていきます。

そうすると1日10,000アクセスぐらいは集まるようになりますね。

 

僕は月間アクセス数が200万アクセスを超える物を持っていますけれども、そういうことも可能です。

ちなみにブログだけでも1サイトで80万円以上の収益を上げることも、僕はこれまでやってきています。

 

もちろんこればブログに限ったことではないんですね。

何らかの商品を紹介して、それを購入してもらえばいいわけですから、ブログじゃなくてもできます。

 

例えばツイッターで商品を紹介している人もいますね。

これをツイッターアフィリと言います。

 

ツイッターで商品を紹介するURLを発信するんですね。
なのでこの場合はツイッターのフォロワー数が重要になってきます。

それから、ツイッターの場合はなんらかの商品を購入してもらう必要があるわけですから、フォロワーの属性も重要になりますね。

先ほど、ブログで商品を購入してもらうと言いましたが、その場合もブログの読者の属性が重要になります。

 

なので、ツイッターにしろブログにしろ、何らかの商品やサービスを購入してもらうタイプのアフィリエイトを行うのであれば、属性というのを意識して作っていく必要があります。

 

例えば、女性向けダイエットサプリメントを売る場合、男性向けのサイトを作ってもあまり意味がないわけですよね。

女性向きの商品を売るんであれば、女性が見たがるようなブログやツイッターアカウントって言うのを育てる必要があるわけです。

 

また別の例をあげれば、子育て用の商品を販売する場合、まだ子どもがいない人に向けて商品のリンクを送ったところで意味がないわけですね。

なので、世の中のお母さんの興味のあるブログやツイッターを作る必要があります。

 

他にもYou tubeで同じようなことをするっていうのも1つの手ですね。

あまりYou tuberでそれをやっている人はいませんが、商品レビューのようなことはやっています。

 

商品のレビューをYou tubeで流して、例えば説明欄に紹介リンクっていうのを貼っておくわけです。

つまり集客のポイントはいくつもありますけれども、出口はその紹介リンク1つだっていうことですね。

 

紹介リンクを、狙った属性の方にクリックしてもらうっていうような方法を考えていくってことです。

これがアフィリエイトの広告収入モデルです。

 

 

ネット通販

ネット通販に関しては、まず不用品販売をするっていうのがテッパンの流れです。

つまり、何の仕入れもせずに、今目の前にあるいらないガラクタをお金に換えるっていうことをやっていきます。

 

その時に使うプラットフォームとしては、メルカリやヤフオクが有効でしょう。

なぜならどちらも中古品であることを前提に購入してもらうことができるからです。

 

クレームにつながりにくいですよね。

中には新品の商品も売っていますけれども、「中古です」としっかり記載しておけば特に問題ありません。

なので、まずは今目の前にあるガラクタたちをお金に変えましょう。
その後に、そこでできたお金っていうのを使って仕入れをしていきます。

 

で、仕入れをしたら当然利益が上がってくるわけですからお金がどんどん増えていきますね。

そうやってお金を増やしていくのは1つの手だと思いますよ。

 

転売と言うとあんまりよくないイメージを持っている方もいます。

ただ、世の中の物っていうのはほとんど全部が転売なんですね。

 

スーパーにおいてある缶詰も、お菓子も、魚、お肉、野菜、全部転売です。

農家から仕入れをして、そこに仕入れ以上の値段をつけて消費者に売っているわけです。

これって転売以外の何物でもありませんよね。

 

なんで、直売以外の物は全部転売なんで、転売に対してそんなマイナスのイメージを持つっていうのはナンセンスかなと思っています。

ただし、転売でも、やっちゃいけない転売っていうのがあるのでそれは気を付けておきましょう。

 

例えば、コンサートのチケットを転売するっていうのは、迷惑条例違反で罰則を受けます。

たまに逮捕されてる人もいますんで、気を付けてくださいね。

 

ちょっと前に嵐のコンサートのチケットを転売してつかまってた女性がいました。

そういうふうにならないように気を付けてください。

 

後はコンサートグッズの転売も基本的にはNGです。

これも罰則を受ける可能性があるので気を付けてください。

 

それからモラル的に駄目なことっていうのもありますんで、そういうこともしないでください。

例えば、何年か前に妖怪ウォッチがすごい流行りました。

子どもが見る漫画ですね。

 

で、そんときに「妖怪ウォッチ」っていうおもちゃがすごい流行ったんですね。

でそのおもちゃを転売屋さんがめちゃくちゃ買い占めて、定価よりも何倍も高い値段に上がってしまったことがあります。

 

普通に2,000円くらいで買える商品でしたけれども、10,000円になってたりしました。

ああいうおもちゃっていうのは子どもが遊ぶものなので、大人が自分の利益のために値段を釣り上げていい物じゃないんですね。

 

なんでそういう転売とかも絶対やんないようにしましょう。

恥ずかしいですから。

 

 

仕入はどうやって行うのか?

転売するときの仕入れの方法ですが、実店舗に行って仕入れをする場合と、インターネット上で仕入れをする場合があります。

 

実店舗で行う場合

実店舗で仕入れを行う場合は、「セドリスト」であったり「セドロイド」というスマホアプリを使います。

そして効率のいいやり方をするために、バーコードリーダを使います。

つまりスマホにインストールした「セドリスト」に、バーコードを読み込んだときに数字が一瞬で行くようにするんですね。

 

そうすると「セドリスト」や「セドロイド」ではAmazonでその商品がどのくらい売れているのか、いくらで売れているのか、ということが分かります。

そのデータを元に、その商品を仕入れるのか仕入れないのかっていうことを決めていくわけです。

 

なのでこれはスピードが非常に重要になりますね。

でも実際僕の昔の感じでいくと、時給3,000円ぐらいにはなりましたね。

 

 

インターネット上で仕入れをする場合

インターネット上で仕入れをする場合に、使うプラットフォームとしては、ヤフオク、メルカリ、が代表的です。

販売するプラットフォームとしてはAmazonがいいでしょう。

 

AmazonFBAというサービスがあるんですが、そのサービスを使うと顧客との対応を全てやってもらえますし、発送もAmazonがしてくれます。

つまり仕入れた商品をAmazonに送ってしまえば、後のことは全部Amazonがやってくれるっていうことです。

 

仕入れをする商品を決める時に使うサービスとしては、「モノレート」が代表的です。「モノレート」というのは、先ほどお伝えした「セドリスト」と同じように、Amazonでその商品がどれだけ売れているのか、いくらで売れているのかっていうのが、わかるサービスです。

 

つまりヤフオクで商品を見つけたら、その商品を「モノレート」に入力するんですね。

そうすると「モノレート」上でAmazonでの傾向が分かるので、そこで商品を仕入れるか仕入れないのかっていう判断をするわけです。

 

ただし、この点だけは忘れて欲しくないところがあります。

非常に重要なことなので、しっかりお伝えしておきますね。

 

 

転売が年々きつくなっている

これはAmazonの傾向として出品者の制限っていうのを年々厳しくしています。

例えば、「新規の出品者はCDやDVDは販売できない」ですとか、そういったことが最近ではありますね。

 

その他にもヤマトさんと配送契約を切ったことで、配送料がすごい高くなっていたりもします。

そういったAmazon側の仕様の変更っていうのがありますので、今後さらに厳しくなる恐れがあります。

その辺も考慮したうえで転売される方は転売をしてください。

 

 

セミナー講師

例えばあなたに恋愛ノウハウがあるとします。あなたに恋愛相談をしたらどんな恋愛でも上手くいく、そんなノウハウがあるとしますね。

それだとしたらそれを教えるようなセミナーを開催するわけです。

 

セミナー参加者の募集方法としては、ブログやfacebook、インターネット、You tubeが挙げられます。

まあつまり、アフィリエイトと同じ方法でセミナーを告知するわけですね。

 

ただ、大きな金額を稼ごうと思った場合、セミナー1本で稼げる金額っていうのは知れてますね。

例えばセミナーを3万円にしたとして、そこに50人が集まっても、たった150万円しか集まらないわけです。

 

まあこれを毎週やっていれば相当な金額が集まりますが、3万円で50人を毎週集めるっていうのは、あまり現実的ではないです。

なので、参加者1人あたりの購入金額っていうのを増やす、そういう発想が必要です。

 

例えば1回のセミナーではなくて、半年間講座にするですとか、その3万円のセミナーに参加した人に恋愛コンサルティングを販売するとかですね。

例えばセミナーに参加する費用は5,000円でも、そこに100名集めるとしますね。

 

そこで50万円上がってきます。

まあもちろんセミナー代がかかるんでそれは省きますけれども、とにかく100人に話を聞いてもらうことができますね。

 

で、その100人のうちの3割でも、恋愛コンサルティングを購入してくれたとしたら、そしてその恋愛コンサルティングが半年間で50万円だとしたら、いくらになりますか?

30×50万円で1,500万円上がりますね。

 

こういうふうに、セミナー単体としての収益だけを見るのではなくて、その先にある講座ですとかコンサルティングっていうのを販売することによって、大きな収益を上げることができます。

そうやって稼ぐのが賢いやり方だと僕は思いますよ。

 

それから、せっかくその講座に参加してくれた方がいるのであれば、その講座の参加者の方にも、これから先ずっと自分から購入し続けてもらうような関係を作るっていうことも大事ですね。

もちろんこれは講座に入ってくれた人だけじゃなくて、セミナーに来てくれた人全員に言えることですね。

 

例えば、定期的にメルマガを発行する、であるとか、もちろんメルマガをただ発行してもしょうがないので、価値のあるメルマガですよ。

はたまた、facebookグループで活発なやり取りを常にしていくというようなことが考えられます。

そうした場合、次のセミナーの参加者も増えやすいですよね。

 

また、今は恋愛コンサルティングを受けるタイミングじゃないと思っていた人も、そのうちそのタイミングが来て購入してくれるっていうようなことがあるわけです。

こういうふうに、今すぐお客にならない参加者の方も、後々お客になってくれる可能性がありますので、それを見越したビジネスっていうのをやっていくのがおすすめです。

 

 

ここまで、インターネットビジネスの種類とその仕組みについてお伝えしてきました。

時間や場所も選ばない、初期投資もほとんどかからないっていうようなメリットもお伝えしてきましたね。

資産収入になるので、いつどこにいてもお金が入り続けるような環境を作れるってこともお伝えしました。

 

では、デメリットってないんでしょうか。

これから、ちょっと耳の痛いインターネットビジネスを始めるデメリットの話をしていきたいと思います。

おすすめ記事

 

 

ネットビジネスのデメリットとは?会社員に向かない4つの理由

ネットビジネスは簡単に儲かるっていうようなイメージが先行しています。

確かに一度環境を作ってしまえばあとは本当に簡単に稼げます。

 

なんですが、じゃあ環境を作るまでのデメリットって何かないのかってことですね。

それから環境を作った後はどうなのかってことをお伝えしていこうと思います。

 

挫折しやすい

インターネットビジネスは本当に地道な努力が必要です。

教わったことを地道にアウトプットしていくんですね。

 

これができないとインターネットビジネスはなかなか上手くいきません。

また、成果が出るまででもある程度時間がかかります。

 

僕は今月収が200万円前後ありますけど、もちろんいきなりそんな金額を稼げたわけではありません。

正直初めの10万円っていうのは転売ですぐ稼げましたけども、ブログを始めて、しっかり10万円稼げるようになったのは1年ぐらいかかりましたね。

 

まあそれが早いのか遅いのかっていうのは、人によると思います。

その10万円っていうのがほったらかしでもずーっと入ってくるようになるんで、1年間で見るというよりかは、長い目で見たときにその労力に対しての報酬がどのくらいかって見るのが正解です。

 

ただ、そういう見方をできない人が多いので、すぐ挫折するんですね。

「半年で成果が出ないから、稼げないから辞めます」って言って辞めちゃうわけですよ。

 

あと半年がんばったら、10万円毎月入ってくるようになるかもしれない。

のにも拘らず、辞めてしまうと。

 

1ヶ月10万円が入るような環境を作れたとしたら、それってかなり大きいですよね。

1年間で120万円ですよ。

2年で240万円、3年で360万です。

 

たった1年、1日1時間か2時間くらい頑張ったら、3年で360万が入ってくるような仕組みを作れるわけですよね。

これってかなりでかくないですか?

 

数字にしてみましょうか。

1年間で例えば毎日2時間頑張ってビジネスしたとしますね。

 

そうすると365日の2時間なんで、まあ730時間ですね。
730時間で毎月10万円のお金が入ってくるようになるわけです。

 

例えば3年で計算してみましょうか。

3年で360万円ってことは、時給1,000円の人だったら3,600時間かかりますね。

 

時給1,000円で3,600時間働いて、やっと360万円です。

それを1年で10万円の不労所得の仕組みを作れたとしたら、730時間でできるわけです。

3,600時間対730時間、どっちの方が効率のいいビジネスかって言うのは一目瞭然ですね。

 

ただ、その成果が出るまでに時間がかかるから、みんな辞めちゃうんですよ。
本当に初めの方って言うのは全然稼げません。

でもそれを前提としてビジネスをやっていってください。

そうすればある時ガッと伸びます。

 

ちなみに僕は2つ目のサイトを作った時って言うのは、月収10万円そのサイトで稼ぐまでに、3,4ヶ月しかかからなかったですね。

それはコツがわかっているからです。

 

まあブログの中でもメルマガでもいろいろお伝えしてますけど、そういうコツをしっかりインプットして、あとは実践していくと、それができたら1年もかからずに早い段階で成果を出しやすいです。

 

 

詐欺教材・詐欺塾が多い

インターネットビジネスの世界では詐欺みたいな教材がいっぱいあります。

また、詐欺のような塾もいっぱいあります。

 

僕のところに相談に来た人で、詐欺の塾に入ってたって人がいます。

その人は80万円の高額な塾に入ったんですけど、その後連絡が取れなくなってしまったって言ってましたね。

 

で、しかもその時のローンは残ってるんで、未だに払い続けていると。

その方には弁護士に相談するようにお伝えしましたけどね。

 

今弁護士がその手の詐欺の仕事って言うのを請け負っているので、前よりかは泣き寝入りせずに済むっていう形になってきています。

これからもっともっとなっていくと思いますよ。

 

まあそうは言っても詐欺のような塾は多いです。

また詐欺まがいの情報商材って言うのも多いですね。

 

 

ただ、情報商材に関して言うと、詐欺だと言われているような商材があったとしても、それは受け取る側のレベルが低すぎて理解できないだけっていうこともよくあるんですよ。

明らかに間違った商材っていうのも中にはあるんですけれども、だけど往々にして詐欺だ詐欺だって言ってる人は、どんな商材を買っても詐欺だ詐欺だって言ってますね。

 

その商材で成果が出てる人が実際にたくさんいるにも拘らず、自分が成果が出なかったから詐欺だって言ってるような人も結構見受けられます。

どっちが詐欺なのか、もはやわからないですよね。

 

なので、商材に関しては、自分のレベルによると思ってください。

これはITリテラシーに限ったことではありません。

自分がどのくらい努力できるかにもよってきます。

 

最近ではあまり変な商材って言うのは出なくなってきたんで、最近販売されたものを買えばそんなに間違ったことはないと思いますよ。

昔の商材は結構変なのがあります。
2014年ぐらいまでは結構ありましたね。

 

でもその後販売されたものは優良なものが多いと思います。

もちろん2014年前に販売されたものでも、優良なものは優良ですね。

 

 

孤独との戦い

SNS企業女子のリア充画像がよくfacebookにのっかってますね。

あれを見て、企業って楽しそうとか、リア充半端ないとか思うかもしれません。

 

ですが、基本的にビジネスっていうのは孤独な場合が多いです。

インターネットビジネスって言うのは、パソコンに向かって黙々とやることが多いので、1人の時間が多いですね。

 

まあそれが悪いとは僕は決して思いませんが、それが苦手な方はあまり良くないかもしれませんね。

例えばセミナー講師をやるとしても、セミナーの資料を作らなきゃいけないわけですね。

 

資料作りができないんであれば、セミナー講師できませんから、そういう部分ではデメリットと言えるのかもしれません。

メルマガを書くにしろ、ブログを書くにしろ、書いてる間は1人でパソコンに向かっているわけですから、そういう意味では孤独と戦うっていう必要があります。

ただそれが好きだったら全然デメリットになりませんけどね。

 

 

確定申告の必要性

インターネットビジネスである程度の収益が出てきたら、確定申告をする必要があります。

これ申告しないと、申告漏れとなりますのでご注意ください。

 

会社の方でやってくれる場合もあると思いますが、まあほとんどやってくれないと思うんで、自分でその辺はやる必要がありますね。

年に1回ですがこれもリスクと言えるんじゃないでしょうか。

 

ではどんな人がインターネットビジネスに向いているんでしょうか。

その特徴をお伝えしていきます。

おすすめ記事

 

 

インターネットビジネスに向いている人の4大特徴

コツコツできる

インターネットビジネスは1人で黙々とやっている時間が長いです。

なのでその黙々とやるってことができる人はインターネットビジネスに向いていると思います。

 

ブログでアフィリエイト報酬を得るのであれ、クラウドソーシングで記事の作成をするのであれ、アプリケーションを作るであれ、そういったコツコツやるってことができる方は非常に向いていると思います。

 

 

失敗をデータと捉える

ネットビジネスで挫折してしまう人の特徴について、いちいち凹む、ということが言えます。

逆に言うと、いちいち凹まない人っていうのは、行動を継続できるので成果が出やすいです。

 

なんでもそうですが、初めから上手くいくってことはまずないですよね。

なかなか成果が出ない期間があって、試行錯誤を繰り返していく中で、なんとなくこっちの方向に行ったらいいんじゃないのかというのが見えてきます。

 

で、そっちの方向に行ってコツコツやり続けていくと、本当に成果が出るんですね。

なので、1つ1つの上手くいかなかったことをいちいち失敗だ失敗だとと言って凹む人がいますが、そういう人は向いてませんね。

 

世の中にある失敗というものは、失敗だーで終わらせてるから失敗で終わっちゃうんですよ。

じゃなくて、目の前にある上手くいかないっていう情報を客観的に捉えて、データと捉えて、なぜ上手くいかないのかっていうのを、観察分析します。

 

で、分析して考えていった中で、こうやったらいいんじゃないかっていうような、アイデアが浮かんでくるわけですね。

で、それを繰り返していけば、そのうち上手くいくわけなんで、失敗をデータと捉えて改善する、これができる人はネットビジネスに向いていると思います。

まあこれは生きていく上でとても重要なことですよね。

 

 

素直に実行する

ネットビジネスで稼げない人の特徴の1つに、言ったことをやらないっていうのがあります。

この順番で1から10までやってくださいねって言っているにも拘らず、3番がよくわかんなかったから飛ばして4番とかに行っちゃうんですね。

 

ビジネスっていうのは全てのことが誘起的に噛み合って大きな結果を生みます。

なので1番から10番のうち、3番以外全部上手くいっていたとしても、3番が抜けることによって結果が出ないってことがよくあるんですよ。

 

なので、素直にできない人っていうのは3番抜かしちゃったりするんで、あまり結果が出にくいです。

なんで、素直に言ったことをやれる人っていうのは逆に言うと成果出やすいですね。

 

これは結果を出すための必須条件ともいえます。

自分の頭を使うっていうのもとても重要なことなんですが、まず始めは素直に聞くっていうことをやってみてください。

 

 

好きなことをテーマにする

僕がこれまで見てきた人の中で、上手くいっている人の特徴としては、自分が興味があることをやっている人ですね。

自分が好きなことをテーマにしている人です。

 

料理に全く興味がないのに、料理サイトをやっていて上手くいく人ってあんまりいないと思います。

まあテクニックがついてからだったら上手くいくこともあるんですが、初めは上手くいきませんね。

 

なんで、料理が全然興味がないのであれば、料理は避けるのが無難です。

自分が興味があること、好きなことは何だろうと、よく考えてみてください。

 

自分が無視に興味があるんだったら、虫の情報発信をしていけばいいですね。

カブトムシの育て方であったりとか、桜についている毛虫の種類とかね。

 

そういったことを発信していくと、続けられますし、その文章に乗ってくるんですね、感情が。

なので文章自体が面白くなってきて、読者に響くようになってきて、ファンがついてきて稼げるようになりますね。

 

では、インターネットビジネスで成功するには、どんなことをしていけばいいんでしょうか。

そのためのコツをお伝えします。

 

 

インターネットビジネスを成功させる4つの秘訣とは?

継続

インターネットビジネスは成果が出るまでに時間がかかります。

なので、時間がかかるということを前提に進めていくのが挫折しないポイントであり、成功するためのポイントです。

 

ツイッターアフィリなんかはこれとはちょっと違って、すぐに成果は出しやすいです。

ただ、ツイッターは凍結のリスクが高いのであんまりおすすめしません。

 

せっかく10万円稼げたのに、次の日から0円なんていうのもよくある話です。

なんで、資産を築くってことを前提にやって欲しいんですね。

 

それを考えた場合、継続するっていうのが非常に重要です。

何が何でも継続してください。

継続する仕組みっていうのを作るといいですね。

 

 

徹底的に真似する

成果が出ている人っていうのは、とにかく徹底的に真似します。

インプット量も半端じゃないです。

 

しっかり上手くいっている人をモデリングするんですね。

自分がこんなふうになりたいなぁっていう人を見つけたら、その人がやっていること、その人の商材、しっかり勉強しますね。

 

で、自分の意見をいちいち挟まずに、まずは愚直に実行します。

そうした中で、だんだん稼げるようになっていくわけです。

 

 

とにかくインプット

なぜインプットが重要なのか。

それは初心者がいきなり始めて上手くいくほど、インターネットビジネスは甘くはないからです。

なんにでもやり方があります。

 

そのやり方を見つけ出すために自分で1つ1つ実践を重ねて、何年も何年もかけて、ノウハウを確立するっていうのも1つの手だと思います。

なんですが、今既に確立されているノウハウがたった数万円で販売されているにも拘らず、その数万円を支払わないで何年も無駄にするっていうのは、どっちが効率がいいのか、どっちが成功しやすいのか、あまり考えるまでもなく、さっさと教科書を買った方が早いです。

 

何年も無駄にするのは本当にもったいないので辞めましょう。

だいたい何年も成果が出ないにも拘らず、モチベーションを維持し続けることってほとんどの人ができないはずです。

 

なので上手くいくノウハウっていうのを初めに学んで、その通りにやってみましょう。

あとは継続すれば上手くいきます。

なぜなら、上手くいく方法だからです、それが。

 

 

できるだけ人に任せる

できるだけ人に任せるっていうのは、ある程度自分に力がついてからの話にはなります。

ただ、そのある程度力がついてからっていう「ある程度」が、そんなに先の話ではないんですね。

 

僕のコンサル生で言えば、ブログを書いてる方だったら2記事書いたぐらいで、後は全部人に任せるって人が多いです。

人に任せるっていうのは、クラウドソーシングを使って、外注化するわけですよ。

 

ブログ書くんだったらブログの書き方は1記事か2記事を終わった時点でマスターできているので、それを外注さんを使って書いてもらうんですね。

なので、1日1時間も2時間もパソコンに向かうことなく、どんどんサイトが育っていって、収益が発生するっていうようなモデルが確立されています。

 

時間は有限ですから、できるだけ資産を増やしていった方がいいんですね。

時間を使わずに資産を増やしていくっていうことを考えた場合、できるだけ人に任せるっていうのは有効な手段になるわけです。

 

まだ始めていない方は、こう聞いてもピンと来ないかもしれませんが、近い未来に必要になると思いますので、このことも心のどこかに留めておいてください。

ブログに限らず、何か転売をする場合にも同じですよ。

 

仕入れを自分でするのか、人にしてもらうのかによって、全然ビジネスの規模っていうのも変わってきますからね。

人を使うっていうのはハードルがちょっとあると思いますけど、まあとりあえず使ってみてください。

 

ハードルがあるかないか、どのくらいの高さかっていうのは、やってからの話です。

跳べそうになかったら、もう1回戻ればいい話ですから、まずやってみることが大事ですよ。

 

 

インターネットビジネスの種類 番外編

株・FX

インターネットビジネスと言っていいのか、ちょっとわからないんですが、株やFXっていうのもインターネットを使った収益発生モデルですよね。

ただ、さっきもちょっとだけお伝えしましたけど、元手がないとほとんど儲からないんで、あんまりおすすめはしません。

 

レバレッジも国内の物だとあんまりかからないんで、そんなに期待できないかなぁと思います。

それに何よりリスクが高いです。

初心者がいきなりやって儲かるほど、株やFXは甘くないので、これはおすすめではありません。

 

 

仮想通貨

2017年が仮想通貨元年と言われるように、仮想通貨で儲かった人って結構います。

僕も多少投資してたんで、若干儲かりました。

 

なんですが、2017年の仮想通貨バブルはもう終わった話なんで、今はしっかり通貨を選んで運用していかないと、儲かりません。

つまり情報が重要になるんですね。

 

なんですがその情報っていうのは、しっかりそういう人たちと付き合っていかないと得られないんで、あんまり仮想通貨もおすすめしませんね。

もし有益な情報を持っているんであれば、仮想通貨、これからも儲かると思いますよ。

 

 

You tube

You tubeは初心者が始めるのにうってつけのインターネットビジネスだと思います。

You tuberをやって人って、今世の中にいっぱいいますよね。

 

儲からない人もいっぱいいますが、儲かってる人も意外に多いですね。

半年ほど前にYou tubeを始めたって言っていた知人が、先日会った時に、月収200万円いったって言ってました。

 

そういうことも全然起こりうるので、You tubeはおすすめですね。

しかも報酬が上がるまでに、それほど期間がかからないかなぁっていうのが僕の印象です。

 

まあとは言っても数か月はかかりますよ。

ただ外注化してしまえば、そんなに動画を作るのも大変じゃないので、どんどん外注化できるのであれば、動画作っていって、公開していけばいいと思いますね。

 

ホント初心者にとっては、You tubeっていうのは1つのインターネットビジネスのツールと言えると思います。

ただし、You tube自体のルールの変更っていうのもよくあります。

 

例えば、今はチャンネル登録者数が1,000人以上でないと、収益化できません。

で、そもそもチャンネル登録者数1,000人どうやって集めるのって話じゃないですか。

 

これのやり方はもちろんあるんですけれども、ここでお伝えしたいのはYou tubeのルールがどんどん変わっていくので、しょうもないような動画をあげている場合、資産になりえないってことです。

ある日突然、再生回数が落ちて、お金が入ってこなくなるってことも十分ありえるんですね。

 

なんでそういった意味では、あまりおすすめしません。

ただ、初心者の方はいいんじゃないかなぁって思いますよ、僕は。

今の時点では。

 

 

ポイントサイト

初心者にうってつけの方法のうちの1つとして、ポイントサイトがあります。

例えば、「モッピー」なんかが有名ですね。

 

ポイントサイトっていうのは、自分がそのサイトに行って、アンケートに答えたら100円もらえるとか、自分がそのサイトに行って、何かの商品を購入したら、その購入代金がポイントでもらえるっていったものですね。

 

ポイント自体は現金になって、口座に振り込んでもらうことが可能です。

それもそうですし、クレジットカードを契約したら1万円入ってくるとか、FXの口座を開設して入金して取引したら5,000円入ってくるとか、そういうポイントもありますんで、初心者でも確実に稼ぐことができます。

稼げる額は何十万円ってことはあんまり聞かないですが、確実に入ってるといえば確実に入ってくるんで、初心者にはおすすめですよ。

 

 

はい、よろしいでしょうか。

さあ、そろそろまとめていきたいと思います。

 

 

まとめ

今回は、インターネットビジネスの種類やメリットデメリットについてお伝えしてきました。

上手くいくための秘訣もお伝えしましたね。

 

結局のところ、初心者の方にとっておすすめなのは、転売、You tube、ポイントサイトの3つです。

ただし、これらは資産にならない場合が多いので、ちょっとお金を稼いだら、資産形成っていうのをやっていきましょう。

 

資産形成をする場合に有効なのは、何と言ってもブログとメルマガです。

じゃあ、どっちをやったらいいのか。

 

メルマガに関しては、メルマガ読者を集める必要があります。

なので、ブログよりもメルマガの方がハードルが高いです。

 

ブログに関しては、読者を集める必要はありません。

ただ、アクセスを集めればいいんですね。

アクセス=読者です。

 

なので、ブログでまずアクセスを集められるっていう状態を作るのが初心者にとっては大事ですね。

で、アクセスさえ集められたら、そこからメルマガの読者を集めることができます。

 

なので、まずブログにアクセスを集めるっていうことをやりましょう。

それからメルマガに移行していくっていうのがきれいな流れですね。

 

 

インターネットビジネスで上手くいく秘訣としては、何と言っても継続することです。

それから、しっかりインプットすることです。

素直にインプットして、素直にアウトプットする。

 

上手くいっている人を見つけて、その人を徹底的に真似することです。

これができたら成功する可能性が飛躍的に上がります。

それでは頑張っていきましょう。

僕がたった一人で月間223万アクセスを超える
巨大ブログを作った方法を限定公開中!

インターネット集客コンサルタントをしながら、経済的、時間的余裕をもち、
日々、妻と息子との時間を大切にして生きている真一の無料メール講座

 

無料メール講座に参加することで、下記のプレゼントを受け取ることが出来ます。

 

【急成長する人間性の秘密(動画セミナー 15:52)】

1.結果を出せる人、出せない人の見分け方

2.一気に成長する方法

3.成功し、成功し続ける方法

 

Amazonベストセラー1位獲得!
【お金がないなら仕事に行くな】
1500円→0円(期間限定)

 

他にも

・僕がたった109日で、1日11.431アクセスのブログを作れた理由

・たった100記事の趣味ブログで、月間30万アクセスを超える方法

・「本当にやりたい事」にエネルギーを注げる人生の創り方

・実店舗にお客を呼び込む方法

・あなたにファンを付ける魅力的な文章術

・時間労働から解放されて、ネット上に資産を築く簡単な方法

・・・などなど。

 

しんいち
ここでしか公開していない、圧倒的なノウハウと思考法を、メール講座でお伝えしていきます。

 

このブログで公開してるのは、
ほんの一部に過ぎません。

 

また、上記のプレゼントは人数限定での配布ですので、
規定の人数に達し次第、配布を終了いたします。

 

ですので、今すぐメール講座に登録して、
プレゼントを手に入れて下さい!

 

下記のフォームに

・お名前(苗字のみ)

・メールアドレス(プレゼントの送り先)

を入力後、「確認する」ボタンをクリックすると、すぐに返信メールが届きます。

 

超オウンドメディア集客の秘密

お名前  
メールアドレス


※万が一、5分経っても返信が来ない場合は、迷惑メールを確認して下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください